スポンサーリンク

2024三浦海岸納涼まつり花火大会 | 定番&穴場観覧スポット、屋台情報

三浦海岸納涼まつり花火大会-01(撮影日:2019.08.06) イベント
三浦海岸納涼まつり花火大会-01(撮影日:2019.08.06)
三浦半島日和おすすめ記事
開催日時2024/8/7(水)
開催時刻19:30~20:00
開催場所花火打上げ場所:三浦海岸沖

三浦海岸納涼まつり花火大会」は、三浦半島でも有数の広い砂浜を持つ三浦海岸で開催される、三浦の夏の風物詩です。
水面に映えるスターマインや三浦海岸納涼まつり花火大会名物の「水中孔雀」など、海で開催される花火大会ならではの見ごたえが詰まっています。
混雑はしますが、三浦半島では意外と少ない駅近の花火大会という点も、うれしいところです。

2023年は悪天候のため夏の花火大会としては中止となりましたが、11月に、「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会」の初日に同日開催というかたちで、事実上の代替大会として「三浦海岸ウインター花火フェス2023」が開催されました。

例年、打ち上げ会場の正面では屋台も出店されます。三浦海岸駅にも近い、この三浦海岸の砂浜周辺が一番のオススメ観覧スポットです。

このページでは水上花火も楽しめる海岸を中心におすすめの観覧スポットを紹介していますが、三浦海岸納涼まつり花火大会は内陸からでも見える場所が数多くあります。三浦海岸周辺には大きな公園や公共の広場は少ないため具体的な場所は紹介しにくいのですが、打ち上げ花火なら小さな公園など楽しめる場所は多いです。

  • このページの内容は、2024年5月13日現在の情報です。詳細は発表され次第更新いたします。
  • 当サイトのコンテンツ・情報は可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、当サイトの内容と現地に掲示されている情報が異なる場合は、必ず現地の案内に従ってください。
  • 打上場所やおすすめの観覧場所などの情報は、直近に開催した大会の内容をもとにしています。打上場所の変更等によって、観覧条件が変わる場合があることをご了承ください。
  • 観覧条件が良い場所でも、著しく狭い場所は、人が集中すると危険が生じる恐れがあります。このような場所は、穴場スポットとして紹介されることもありますが、ここでは紹介を控えています。このような場所は競争率が非常に高くなることが予想されるため、はじめから避けることをおすすめします。
  • 花火大会当日は、交通規制が実施されます。周辺の道路は確実に混雑します。そのため、自家用車でのアクセスは推奨しません。また、商業施設などでは、通常とは異なる営業時間や駐車場料金が設定される場合もあります。
  • 当サイト「三浦半島日和」で使用している花火の写真は、すべて当サイトオリジナルのものです。許可なく無断転載することを禁止します。
  • 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

マップは、スマートフォンやタブレットでは二本指で操作できます。

三浦海岸ウインター花火フェス-01(撮影日:2023.11.11)
三浦海岸ウインター花火フェス(撮影日:2023.11.11)
スポンサーリンク

三浦海岸納涼まつり花火大会・定番の観覧スポット

三浦海岸

三浦海岸納涼まつり花火大会の定番観覧スポットは、もちろん三浦海岸の砂浜です。広い砂浜はどこでも花火観賞の特等席です。
花火は金田湾沿いに広がる海岸のどこかでも見えますが、正面から見られる三浦海岸がいちばんのオススメです。

アクセス
京急久里浜線「三浦海岸駅」より徒歩約5分

三浦海岸(撮影日:2022.10.21)
三浦海岸

菊名海岸

菊名海岸は、三浦海岸の南側に広がる海岸です。三浦海岸とはとくに境界線があるわけではなく、砂浜でつながっています。
菊名海岸三浦海岸とほとんど同じ条件でも見ることができますので、こちらも特等席です。

アクセス
京急久里浜線「三浦海岸駅」より徒歩約10分

菊名海岸・海岸線に並行して走る遊歩道(撮影日:2021.09.27)
菊名海岸

津久井浜海岸

津久井浜海岸三浦海岸の北側に広がる海岸です。
とくに花火大会後は三浦海岸駅などの京急線の駅は大混雑します。この混雑を回避するためのもっとも最適な方法は、「津久井浜駅入口」交差点近くの津久井浜海岸で花火を鑑賞して、花火終了後は速やかに津久井浜駅から電車に乗ることです。こうすることで、入場することも困難になる大混雑の三浦海岸駅を避けて、津久井浜駅からゆうゆうと帰宅の途につくことができます。

アクセス
京急久里浜線「津久井浜駅」より徒歩約5分

津久井浜海岸(北下浦海岸)(撮影日:2022.01.01)
津久井浜海岸
スポンサーリンク

三浦海岸納涼まつり花火大会・穴場の観覧スポット

東京湾の三浦海岸周辺は金田湾とも呼ばれています。この金田湾は、北は野比海岸(北下浦海岸)から南は金田海岸まで、およそ10kmに渡って弓なりの海岸が続いています。もちろん三浦海岸から離れれば見える花火もそれなりの大きさになってしまいますが、途中に大きな岬などもありませんので、この金田湾周辺の海岸からはどこからでも三浦海岸納涼まつり花火大会を見ることができます。

長沢海岸(北下浦海岸)

長沢海岸(北下浦海岸)は、三浦海岸の北側の津久井浜海岸のさらに北側にあたる海岸です。三浦海岸からは離れますので、見られる花火もそれなりに小さくなってしまいますが、雰囲気はじゅうぶん楽しめます。

アクセス
京急久里浜線「京急長沢駅」より徒歩約10分

長沢海岸(北下浦海岸)・遊歩道(撮影日:2021.02.10)
長沢海岸(北下浦海岸)

金田海岸

金田海岸は、三浦海岸の南側の菊名海岸のさらに南側にあたる海岸です。長沢海岸(北下浦海岸)と同様、見られる花火もそれなりに小さくなってしまいます。
金田海岸周辺は、海のすぐ近くまで台地状の丘が迫る地形のため、高台から俯瞰して見るといった楽しみ方もできます。

アクセス
京急久里浜線「三浦海岸駅」より京急バス「三崎東岡(剱崎経由)」「剱崎」行きで、海岸北側は『役場下』下車、海岸中央付近は『金田』下車、海岸南側は『三浦霊園入口』下車、金田漁港は『岩浦(いわぶ)』下車

金田海岸(撮影日:2021.09.21)
金田海岸
スポンサーリンク

三浦海岸納涼まつり花火大会の屋台情報

三浦海岸納涼まつり花火大会屋台は、例年、三浦海岸の砂浜沿いにある駐車場に出店されています。
11月開催となった「三浦海岸ウインター花火フェス2023」では屋台出店の規模も縮小されましたが、例年、飲食店を中心とした数十軒の屋台が出店します。

スポンサーリンク

関連特集

【2024 No.9】特集 | 三浦半島の花火大会

DATA

料金

入場無料

主催 三浦海岸納涼まつり実行委員会
ウェブサイト https://www.city.miura.kanagawa.jp/soshiki/seisakuka/seisakuka_hisho/shichonoheya/pressrelease/202405/2024051301.html
お問合わせ先

三浦市観光協会 046-888-0588

注意事項

※荒天の場合の予備日はありません。

※このページに掲載している内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました