スポンサーリンク

亀岡八幡宮 | 市役所の隣りに鎮座する逗子の鎮守である地域密着系の八幡様

亀岡八幡宮(撮影日:2022.11.11) 逗子
亀岡八幡宮(撮影日:2022.11.11)

亀岡八幡宮かめがおかはちまんぐうは、逗子市役所の隣り、京急逗子線の逗子・葉山駅北口の目の前にある、逗子の鎮守です。
亀岡八幡宮の名前の由来は、この場所の地形が亀の背中のようななだらかな丘になっている地形であったことから、逗子のお隣りの鎌倉にある鶴岡八幡宮にちなんで、「亀岡」と名付けられたと伝わります。
江戸時代に編さんされた地誌「新編相模風土記稿」によれば、かつては、単に「八幡宮」と呼ばれていたようです。
駅近で市役所の隣りという人通りが多い場所にあるため、地元の参拝者が途絶えることがありません。観光地という側面が大きい鶴岡八幡宮に対して、亀岡八幡宮は地域密着系の八幡様です。

主祭神応神天皇
社格等村社
創建不詳

京急逗子線の逗子・葉山駅とJR逗子駅両方の駅近という交通アクセスが便利な立地をいかして、亀岡八幡宮の境内では「逗子骨董市」や「逗子沖縄まつり」(2022年はJR東逗子駅隣りの東逗子ふれあい広場で開催)などの地域のイベントがたびたび開催されています。

逗子沖縄まつりの亀岡八幡宮境内(撮影日:2019.08.17)
逗子沖縄まつりで賑わう亀岡八幡宮境内(撮影日:2019.08.17)
スポンサーリンク

まちの発展を見守ってきた逗子の鎮守

亀岡八幡宮・逗子市役所と境内(撮影日:2022.08.27)
亀岡八幡宮・逗子市役所と境内(撮影日:2022.08.27)

他の多くの市街地にある古社と同じように、亀岡八幡宮もまちの発展に合わせて、まわりの風景が大きく変貌していきました。その影響は亀岡八幡宮自体へも少なくなく、県道の改修や、旧逗子警察署、逗子市役所建設によって、その都度、境内の縮小を余儀なくされてきました。逗子市役所の前に立つと、逗子市役所のビルと、亀岡八幡宮鎮守の杜が接するようにして建ち並んでいるのが見てとれます。

亀岡八幡宮・逗子市役所の横の鳥居(撮影日:2022.11.11)
亀岡八幡宮・逗子市役所の横の鳥居(撮影日:2022.11.11)
スポンサーリンク

イチョウやケヤキの大木に囲まれた境内

亀岡八幡宮・境内(撮影日:2022.11.11)
亀岡八幡宮・境内(撮影日:2022.11.11)

しかし、亀岡八幡宮の境内に一歩入ると、まちなかにいることを忘れてしまうほど、別世界が広がっています。市の中心地にあり、人もクルマも電車も頻繁に行き交う要衝にありますので、さすがに「都会の喧騒を避けられる」とまでは言えませんが、(ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンでも付けて)耳をふさげば、大木に囲まれた境内は古にタイムスリップしたようです。
周囲のビルに負けないほど高くそびえるイチョウケヤキの大木は、「かまくらと三浦半島の古木・名木50選」に選ばれていて、秋には美しく紅葉・黄葉します。

亀岡八幡宮・初春の社殿(撮影日:2021.02.25)
亀岡八幡宮・初春の社殿(撮影日:2021.02.25)

以下のリンク先から周辺の【紅葉・黄葉おすすめスポット】の情報もご覧ください

【2022 No.12】特集 | 晩秋の逗子・葉山 紅葉&黄葉おすすめスポット8選
スポンサーリンク

境内社の萬栄稲荷大明神

亀岡八幡宮・萬栄稲荷大明神(撮影日:2022.11.11)
亀岡八幡宮・萬栄稲荷大明神(撮影日:2022.11.11)

亀岡八幡宮の境内に鎮座する萬栄稲荷大明神は、商売繁盛と家内安全の守護神である宇迦御魂神が祀られています。商店が密集するこの地域にとって、欠かせない存在になっていることでしょう。

また、萬栄稲荷大明神の傍らには、庚申塔などの石塔が並び建っています。境内の縮小にともなって、この場所に集められたものもあるようです。

亀岡八幡宮・石塔群(撮影日:2022.11.11)
亀岡八幡宮・石塔群(撮影日:2022.11.11)
スポンサーリンク

亀岡八幡宮周辺の見どころ

DATA

住所 逗子市逗子5-2-13
アクセス
行き方

京急逗子線「逗子・葉山駅(北口)」より徒歩約1分
JR横須賀線・湘南新宿ライン「逗子駅」より徒歩約3分

料金

無料(志納)

電話番号 0467-22-3347 ※八雲神社(管理元神社)
ウェブサイト https://www.kanagawa-jinja.or.jp/search_dtl.php4?jid=509&cd=1205122&scd&npg=0
※このページに掲載している内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました