スポンサーリンク

秋谷神明社(秋谷神社)| 鎌倉時代末期に若命家によって創建された旧秋谷村の鎮守

秋谷神明社(秋谷神社)・国道沿いに建つ社名標柱(撮影日:2023.09.28) 横須賀
秋谷神明社(秋谷神社)・国道沿いに建つ社名標柱(撮影日:2023.09.28)
三浦半島日和おすすめ記事

秋谷神明社(秋谷神社)は、三浦半島西海岸でも有数の景勝地である秋谷海岸立石海岸の内陸の高台に鎮座する古社です。境内の脇からは子安の里へ向かう古道が続いていて、さらにその先には、平成期に開発された湘南国際村や三浦半島最高峰の大楠山があります。

秋谷神明社の創建は、鎌倉時代末期の1331年(元弘元年)に、相模国葛原から秋谷の地に移ってきた若命基盛によるものと伝えられていて、それ以来、村民から崇敬される神社として親しまれてきています。
若命家は、江戸時代には旧秋谷村の名主を務めた名家で、秋谷神明社鳥居の前には江戸末期の建築と伝わる若命家長屋門が残っています。

主祭神天照大神
旧社格等村社
創建1331年(元弘元年)
祭礼2月第2日曜日 祈年祭
7月第2金曜日・土曜日 夏季大祭 宵宮祭・神幸祭
11月13日に近い日曜日
例大祭
秋谷神明社(秋谷神社)・若命家長屋門の側に建つ鳥居(撮影日:2023.09.28)
秋谷神明社(秋谷神社)・若命家長屋門の側に建つ鳥居(撮影日:2023.09.28)
スポンサーリンク

相模湾を望む高台にある境内

秋谷神明社(秋谷神社)・鳥居から社殿に続く石段(撮影日:2023.09.28)
秋谷神明社(秋谷神社)・鳥居から社殿に続く石段(撮影日:2023.09.28)

秋谷神明社鳥居から社殿までは、長い石段が続いていて、一気に高台に上がることになります。現在はマンションなどの建物が目立ちますが、つい数十年前までは、境内自体が相模湾の素晴らしい景観を望むことができる景勝地と言えるような場所だったことでしょう。

秋谷神明社(秋谷神社)・社殿の前より相模湾を望む(撮影日:2023.09.28)
秋谷神明社(秋谷神社)・社殿の前より相模湾を望む(撮影日:2023.09.28)
スポンサーリンク

秋谷神明社(秋谷神社)境内の見どころ

秋谷神明社の参拝順路

秋谷神明社(秋谷神社)・参拝順路図(撮影日:2023.09.28)
秋谷神明社(秋谷神社)・参拝順路図(撮影日:2023.09.28)

秋谷神明社の境内はけっして広いとは言えませんが、参拝順路を示す分かりやすい案内板が掲示されています。
また、境内は、ただ単に景観が良い場所というだけでなく、信仰の対象である富士山大山、遠く伊勢神宮や近場の武山不動尊といった、霊地を拝むことができる場所であることが分かります。それぞれの参拝場所も、番号で示されています。

社殿

秋谷神明社(秋谷神社)・社殿(撮影日:2023.09.28)
秋谷神明社(秋谷神社)・社殿(撮影日:2023.09.28)

秋谷神明社の現在の社殿は、江戸時代後期の1836年(天保7年)に、村民の寄進によって再建されたものです。軒下の見事な彫刻からも、相当な費用がかかっていることを想像するのは難しくなく、この神社が秋谷の村民にとってどれほど重要な存在であったかということがよく分かります。

境内下に建つ若命家長屋門も、この秋谷神明社社殿が再建されたすぐ後の時代の建築と伝えられています。秋谷のと言うべきか、名主であった若命家のと言うべきかは分かりませんが、この2つの建築を見るだけでも、文化レベルが高い地域だったということをうかがい知ることができます。

秋谷神明社(秋谷神社)・社殿に施された立派な彫刻(撮影日:2023.09.28)
秋谷神明社(秋谷神社)・社殿に施された立派な彫刻(撮影日:2023.09.28)
秋谷神明社(秋谷神社)・社殿に掲げられている扁額(撮影日:2023.09.28)
秋谷神明社(秋谷神社)・社殿に掲げられている扁額(撮影日:2023.09.28)

八坂神社

秋谷神明社(秋谷神社)・八坂神社(撮影日:2023.09.28)
秋谷神明社(秋谷神社)・八坂神社(撮影日:2023.09.28)

神輿渡御が行われる秋谷神明社夏祭りは、境内社である八坂神社の祭礼(天王祭)です。

両稲荷社

秋谷神明社(秋谷神社)・両稲荷社(撮影日:2023.09.28)
秋谷神明社(秋谷神社)・両稲荷社(撮影日:2023.09.28)

海神社

秋谷神明社(秋谷神社)・海神社(撮影日:2023.09.28)
秋谷神明社(秋谷神社)・海神社(撮影日:2023.09.28)

御嶽神社

秋谷神明社(秋谷神社)・御嶽神社(撮影日:2023.09.28)
秋谷神明社(秋谷神社)・御嶽神社(撮影日:2023.09.28)

合祀されたものと思われる祠

秋谷神明社(秋谷神社)・合祀されたものと思われる祠(撮影日:2023.09.28)
秋谷神明社(秋谷神社)・合祀されたものと思われる祠(撮影日:2023.09.28)
スポンサーリンク

秋谷神明社(秋谷神社)周辺の見どころ

若命家長屋門
若命家長屋門は、江戸時代に三浦半島西海岸の旧秋谷村の名主を務めた若命家(わかめいけ/わかめけ)の屋敷に建つ長屋門です。長屋門は近世の武家の表門に多く見られる形式の建築物ですが、名主として名字帯刀を許...
秋谷海岸
秋谷海岸あきやかいがんは、相模湾を望む景勝地である立石公園に隣接した海岸です。年間を通して無料の県営立石駐車場に隣接していて車でのアクセスが良いため、海水浴場は開設されない海岸としては人気の高いビー...
立石公園
立石公園たていしこうえんは、横須賀の秋谷にある相模湾に面した公園です。「立石」とは波打ち際に立つ巨岩のことで、高さ約12m、周囲約30mあります。この「立石」は、「秋谷の立石」として「かながわの景勝...
秋谷の立石・立石海岸
「秋谷の立石あきやのたていし」は、相模湾に面した、富士山を望む絶景スポットです。江戸時代後期に活躍した浮世絵師、初代・歌川広重(安藤広重)による「相州三浦秋屋の里」に描かれたことで有名です。...
浄楽寺
浄楽寺じょうらくじは、三浦一族の和田義盛わだ よしもりが夫婦で願主となって製作された5体の運慶作の仏像を安置する寺院です。浄楽寺がある横須賀・芦名あしなは、幕府があった鎌倉と、和田義盛の本拠地で...
正行院
正行院は、平安時代後期から鎌倉時代前期に活躍した三浦一族の武将・和田義盛が、妻である巴御前の菩提寺として建立したのがはじまりと伝えられています。はじめは秋谷の乗越海岸にありましたが、お十夜(十夜...
十二所神社(三浦十二天、横須賀)
十二所神社じゅうにしょじんじゃは、明治初期まで「三浦十二天」や「十二天明神」と呼ばれていた、横須賀・芦名の鎮守です。創建時期は不詳ですが、平安時代後期に三浦半島を治めていた三浦一族の当主・三浦大...
大楠山
大楠山おおぐすやまは、三浦半島最高峰(かつ、横須賀市最高峰)の山で、標高は241.3mです。衣笠、塚山・阿部倉(以上、東京湾側)、大楠芦名口、前田橋(以上、相模湾側)、湘南国際村、からの、5つのハイ...
久留和海岸
久留和海岸くるわかいがんは、国道134号から徒歩1分の場所にありながら、とても静かな、相模湾を望む美しい入り江を持つビーチです。長者ヶ崎と立石公園・秋谷海岸のちょうど中間に位置していて、これらの人気...
久留和熊野神社
久留和熊野神社くるわ くまのじんじゃは、三浦半島の西海岸沿いにある秋谷の字・久留和の鎮守です。境内は相模湾を望む高台にあるため、近くの長者ヶ崎から、条件が良ければ富士山まで一望できます。付近は住...

DATA

住所 横須賀市秋谷2-14-12
アクセス
行き方

JR横須賀線・湘南新宿ライン「逗子駅(東口)」または京急逗子線「逗子・葉山駅(南口)」より、京急バス「長井」行き、「横須賀市民病院」行き、「大楠芦名口」行き、「佐島マリーナ入口」行きなどの長井・佐島方面行きにて『秋谷』下車、徒歩約3分

駐車場 なし
料金

無料(志納)

電話番号 046-856-0707 ※十二所神社(管理元神社)
ウェブサイト https://www.kanagawa-jinja.or.jp/shrine/1205106-000/
※このページに掲載している内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました