スポンサーリンク

上山口の棚田 | にほんの里100選や収穫米が天皇献上米に選ばれた葉山の原風景

上山口の棚田を上から見下ろす(撮影日:2020.10.29) 葉山
上山口の棚田を上から見下ろす(撮影日:2020.10.29)

一般的には「海」のイメージが強い葉山ですが、東西に細長いその町域には、山間部の見どころもたくさんあります。とくに、内陸部に位置する上山口かみやまぐちエリアは、南側に三浦半島最高峰の大楠山、北側に三浦アルプス(二子山山系)の南尾根に挟まれていて、山深い、のどかな、里山の景観がよく残っています。

その象徴とも言える場所が、「上山口の棚田」です。

上山口の棚田は、上山口の中央を東西に走る県道27号横須賀葉山線の南側の斜面に位置しています。現在の上山口の棚田は、棚田としては小規模なものです。このあたりは平地がほとんどないため、稲作には適していませんでしたが、湧水が豊富だったこともあり、昭和中期までは一帯に千枚田が広がっていたと言います。

スポンサーリンク

葉山の里山の魅力を代表する場所

市街地から離れていて、傾斜地の多い上山口エリアは、山の上を切り開いて大規模造成された湘南国際村を除いて、宅地開発の波は届きませんでした。一方で、棚田の管理の難しさ、効率的でない地形、農家の高齢化や後継者問題、減反政策、などが重なり、棚田も減少の一途をたどり、現在の上山口の棚田だけが残るのみとなりました。

おそらく、このままでは、上山口の棚田も消えゆく運命だったでしょう。しかし、地元の有志が、この美しい景観を残そうと山里会を結成して、農家の方々を支援するようになりました。

現在では、葉山の里山の魅力を代表する場所として親しまれています。

2000年、上山口の棚田で収穫されたお米は、皇室の宮中行事のひとつ新嘗祭にいなめさいに献上されました。2008年には、「にほんの里100選」(朝日新聞社)にも選ばれています。

上山口の棚田で収穫されたお米の一部は、棚田米のアイスクリーム「葉山アイス」として加工されて、販売されています。この「葉山アイス」は、通信販売で購入できる他、地元のスーパーや産直ショッピングセンター「HAYAMA STATION(葉山ステーション)」などで購入することができます。

上山口の棚田を下から見上げる(撮影日:2020.09.03)
上山口の棚田を下から見上げる(撮影日:2020.09.03)
スポンサーリンク

上山口の棚田周辺の見どころ

湘南国際村方面

上山口の棚田の向かい側の山々

上山口の棚田の向かい側には、三浦アルプス(二子山山系)の山々が連なっています。

DATA

住所 三浦郡葉山町上山口
アクセス
行き方

●逗子方面からバス利用の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン「逗子駅」または京急逗子線「逗子・葉山駅(南口)」より京急バス「衣笠駅」行きにて『上山口小学校』下車、徒歩約5分

●衣笠方面からバス利用の場合
JR横須賀線「衣笠駅」より京急バス「逗子駅」行きにて『上山口小学校』下車、徒歩約5分

●汐入方面からバス利用の場合
京急線「汐入駅」より京急バス「湘南国際村センター前」行きにて『上山口小学校』下車、徒歩約5分

駐車場 なし
料金

棚田の外からの見学は自由にできますが、道路以外のあぜ道や土手などへは、絶対に立ち入らないでください。
また、農家や管理される方々に迷惑となる行為はしないよう配慮をおねがいします。

※このページに掲載している内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました