スポンサーリンク

妙法寺(苔寺)| 山上に護良親王の墓を祀る日蓮ゆかりの松葉谷御小庵跡

妙法寺・苔石段(アップ)(撮影日:2023.10.13) 鎌倉
妙法寺・苔石段(アップ)(撮影日:2023.10.13)

妙法寺みょうほうじは、鎌倉時代の中頃に、日蓮宗(法華宗)の宗祖である日蓮聖人が、鎌倉で布教を開始した際に拠点として選んだ松葉ヶ谷まつばがやつに、小庵を結んだ地とされています。
南北朝時代の1357年(延文2年/正平12年)には、後醍醐天皇の子・護良親王(もりよりしんのう/もりながしんのう)を父に持つ日叡上人が、自らの幼名である楞厳丸にちなみ「楞厳山妙法寺」と称し、山頂に両親の墓を建てて弔いました。このとき、堂塔伽藍を復興していることから、日叡妙法寺の中興開山とされています。

この松葉ヶ谷や、日蓮が辻説法を開いていたとされる、この近くの小町大路沿いには、日蓮宗の寺院日蓮ゆかりの場所が数多く残っています。

江戸時代には、徳川将軍家徳川御三家肥後細川家などの武家の帰依を受けていたため、妙法寺には各家ゆかりの品や建築、逸話などが数多く残されています。

山号楞厳山 / 松葉谷
宗派日蓮宗
寺格
本尊一塔良尊四師
創建1253年(建長5年)
開山日蓮
開基

妙法寺には、仁王門の先と鐘楼の先の二ヵ所に、苔で覆われた石段があります。鎌倉には他にも苔で覆われた石段のある苔の名所とされる寺院がいくつかありますが、妙法寺苔石段はとくに美しいことから、通称「苔の寺」「鎌倉の苔寺」などと呼ばれています。

妙法寺・苔石段(部分アップ)(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・苔石段(部分アップ)(撮影日:2023.10.13)
スポンサーリンク

妙法寺の参道「妙法寺道」と室町時代建立の総門

妙法寺・妙法寺道入口(撮影日:2023.11.27)
妙法寺・妙法寺道入口(撮影日:2023.11.27)

妙法寺と同じ日蓮松葉ヶ谷草庵跡とされる安国論寺の境内前から、旧大町大路より分岐するかたちで、妙法寺総門前まで「妙法寺道」という参道が延びています。妙法寺道の周辺は、現在は住宅地になっていますが、往時の寺域の大きさを想像させてくれます。

妙法寺総門は室町時代に建立されたもので、鎌倉市指定文化財に指定されています。
総門は、通常、閉ざされています。妙法寺境内へは、その左側にある拝観受付より入ります。拝観料を納めると、本堂にお参りするためのお線香をいただけます。

妙法寺・総門(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・総門(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・受付でいただくお線香(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・受付でいただくお線香(撮影日:2023.10.13)
スポンサーリンク

肥後細川家によって寄進された本堂

妙法寺・本堂(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・本堂(撮影日:2023.10.13)

妙法寺本堂は、江戸時代後期の文政年間、肥後国熊本藩9代藩主・細川斉樹によって、幼くして亡くなった息女・耇姫の菩提を弔うために建立し、寄進されたものです。

総欅造の本堂内には、鎌倉市指定文化財に指定されている、耇姫像を含む「板絵著色金彩 本堂障壁画」が保管されていますが、通常非公開となっています。

妙法寺・本堂軒下の彫刻(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・本堂軒下の彫刻(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・本堂に掲げられた扁額(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・本堂に掲げられた扁額(撮影日:2023.10.13)
スポンサーリンク

四季折々の花をたのしめる本堂周辺の庭園

妙法寺・本堂前の参道沿いに咲くハギ(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・本堂前の参道沿いに咲くハギ(撮影日:2023.10.13)

本堂周辺の庭園では、春には、夏~秋にはフヨウハギなど、四季折々の花をたのしめます。

妙法寺・本堂前の参道沿いに咲くフヨウ(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・本堂前の参道沿いに咲くフヨウ(撮影日:2023.10.13)
スポンサーリンク

釈尊・妙法稲荷大明神・加藤清正像を祀る大覚殿

妙法寺・大覚殿(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・大覚殿(撮影日:2023.10.13)

本堂を迂回するように続く参道を進むと、わき道に大覚殿が建っています。
大覚殿には、かつて熊本城天守閣に祀られていた細川家寄進の加藤清正像釈尊妙法稲荷大明神が安置されています。

妙法寺・仁王門前の参道(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・仁王門前の参道(撮影日:2023.10.13)
スポンサーリンク

朱塗りの仁王門とそのまわりに点在する供養塔

仁王門

妙法寺・仁王門(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・仁王門(撮影日:2023.10.13)

総門本堂から続く参道の先には、朱塗りの大きな仁王門が建っています。

妙法寺総門仁王門法華堂が朱塗りなのは、江戸幕府第11代将軍・徳川家斉を迎えるためであったとされていて、明治中期までは境内に将軍御成の間が置かれていました。

妙法寺・仁王門から苔石段を望む(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・仁王門から苔石段を望む(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・仁王門越しにモミジの紅葉を見る(撮影日:2023.12.16)
妙法寺・仁王門越しにモミジの紅葉を望む(撮影日:2023.12.16)

扇塚

仁王門のまわりには、いくつかの墓碑や供養塔が点在しています。

扇塚は、舞扇を供養する塚です。

妙法寺・扇塚(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・扇塚(撮影日:2023.10.13)

薩摩屋敷事件戦没者の墓

幕末の1867年(慶応3年)、江戸の芝三田で起こった薩摩屋敷焼討事件で戦死した薩摩方、幕府方両軍の遺骨を納めた墓所です。元は薩摩藩島津家屋敷跡に建てられた妙法寺支院の清正公堂(東京都港区)境内にありましたが、1995年にこの地に移されました。

妙法寺・薩摩屋敷事件戦没者の墓(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・薩摩屋敷事件戦没者の墓(撮影日:2023.10.13)

名越家供養塔

妙法寺最寄りのバス停の名称にもなっている「名越」は、この辺り一帯の旧地名です。
鎌倉幕府第2代執権・北条義時の次男・北条朝時を祖とする名越流北条氏は、この地に屋敷を構えていたため、「名越」姓を名乗っていました。

妙法寺・名越家供養塔(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・名越家供養塔(撮影日:2023.10.13)
スポンサーリンク

妙法寺の代名詞の一つになっている苔石段

苔の石段

妙法寺・苔石段(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・苔石段(撮影日:2023.10.13)

仁王門の先には裏山に登っていくための苔の石段が続いています。この苔石段の大半は、の保護のため立入禁止となっていて、その隣りに設けられた階段を使用して登ることができます。

鎌倉の苔寺」こと妙法寺の代名詞の一つにもなっているこの苔の石段は、4月~6月の新緑の季節が見ごろです。

妙法寺・苔石段(左、通行禁止)と通行可能な石段(右)(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・苔石段(左、通行禁止)と通行可能な石段(右)(撮影日:2023.10.13)

化粧窟

苔石段の下部から左にそれた山すそには、やぐら(一般的には、中世の横穴式の墳墓または供養の場です。このような岩窟の中には、僧侶が修行に使っていたと考えられるものもあります)のような岩窟が口を空けています。この場所は日蓮が最初にこの地を訪れた際に滞在した場所とされていて、岩窟の中には日蓮聖人坐像が安置されています。
また、そのころ、この辺りには妖怪が多く出たそうですが、日蓮による読経・説法によって教化されて、怪異は止んだという言い伝えが残っています。

妙法寺・化粧窟(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・化粧窟(撮影日:2023.10.13)
スポンサーリンク

水戸徳川家によって建立された法華堂

妙法寺・法華堂(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・法華堂(撮影日:2023.10.13)

苔の石段の隣りにある階段を登った先には、法華堂が建っています。妙法寺法華堂は、江戸時代後期の文化年間、水戸徳川家によって建立され、寄進されたもので、本尊として中興開山・日叡作の除厄祖師が安置されています。

妙法寺・法華堂軒下の彫刻(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・法華堂軒下の彫刻(撮影日:2023.10.13)
スポンサーリンク

仁王門や苔石段の先にあった釈迦堂

妙法寺・釈迦堂跡(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・釈迦堂跡(撮影日:2023.10.13)

仁王門の先の通行禁止となっている苔石段を登り切った正面、法華堂の左手には、かつて、釈迦堂が建っていました。

妙法寺釈迦堂には、その名の通り、本尊として運慶作と伝わる釈迦如来立像と、その脇に中興開山・日叡の像が安置されていました。少なくとも江戸時代後期までは残っていましたが、現在はその跡地に釈迦如来座像が祀られています。

スポンサーリンク

鐘楼脇から続く二つ目の苔石段

妙法寺・鐘楼(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・鐘楼(撮影日:2023.10.13)

釈迦堂跡の左手には鐘楼があり、その先からは、再び、苔の石段が続いています。こちらの苔石段は、全面的に通行可能となっています。しかし、こちらも見事にがむしていますが、できるだけ乱暴な歩き方はせずに、丁寧に登り降りしましょう。

妙法寺・鐘楼横の苔石段(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・鐘楼横の苔石段(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・鐘楼横の苔石段(アップ)(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・鐘楼横の苔石段(アップ)(撮影日:2023.10.13)
スポンサーリンク

松葉谷御小庵跡と松葉谷法難の白猿と山王権現の逸話

妙法寺・松葉谷御小庵跡(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・松葉谷御小庵跡(撮影日:2023.10.13)

二つ目の苔石段を登り切った場所が、日蓮が20年以上に渡って住んだとされる、松葉谷御小庵跡です。

1260年(文応元年)、日蓮がこの小庵で読経をしていると、衣の袖を引くものがあったと言います。それは1匹の白猿で、日蓮の袖を引いて、どこかへ導いて行きました。しばらくすると、日蓮小庵の方で騒ぎがあり、日蓮による教えをよく思っていない他宗の者による襲撃があったことを悟りました。
日蓮がお礼を言おうとすると、すでに白猿の姿はありませんでした。ただ、近くに山王権現の祠があり、山王様のお使いとされていることから、その祠に一礼したと言います。

これと同じような逸話は、安国論寺など周辺の日蓮ゆかりの寺院にも伝わっています。
名越切通を越えた逗子側にある法性寺の山上には、この逸話に登場するものとされる、山王権現の祠が建っています。

スポンサーリンク

後醍醐天皇の皇子で日叡の父である護良親王の墓

妙法寺・大塔宮御墓(護良親王の墓)(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・大塔宮御墓(護良親王の墓)(撮影日:2023.10.13)

松葉谷御小庵跡から向かって右手に続く山道をさらに登って行くと、護良親王の墓大塔宮御墓)が建っています。
護良親王は、元弘の乱で鎌倉幕府を倒幕して、武家政権から天皇中心の社会へと導く立役者となった、後醍醐天皇の皇子です。しかし、その後、無実の罪を着せられて、鎌倉の東光寺(現在の鎌倉宮がある場所。横浜市金沢区にある東光禅寺の前身の寺院)で殺害されてしまいます。

妙法寺の中興開山・日叡護良親王の子であるとされていて、宗祖・日蓮ゆかりのこの地に墓を建立したと言います。
護良親王を主祭神として祀る鎌倉宮近くの山上にも、宮内庁が管理する護良親王の墓があります。

妙法寺護良親王の墓の前からは、鎌倉市街の景色が素晴らしく、天候条件が合えば富士山まで見渡せます。

妙法寺・大塔宮御墓(護良親王の墓)前より鎌倉市街、稲村ヶ崎方面を望む(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・大塔宮御墓(護良親王の墓)前より鎌倉市街、稲村ヶ崎方面を望む(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・大塔宮御墓(護良親王の墓)付近の山道(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・大塔宮御墓(護良親王の墓)付近の山道(撮影日:2023.10.13)
スポンサーリンク

日叡上人の墓とその母・南の方の墓

妙法寺・南の方御墓付近の山道(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・南の方御墓付近の山道(撮影日:2023.10.13)

松葉谷御小庵跡から向かって左手に続く山道を進んで行くと、南の方御墓日叡上人御墓が並ぶように建っています。南の方は、日叡の母です。鎌倉宮には、南の方を祀る境内社・南方社があります。

松葉谷御小庵跡から護良親王の墓南の方御墓日叡上人御墓までの山道は、寺院の一般的な参道ではなく「山道」ですので、街歩きの恰好では危険なため、お参りは避けたほうが良いかもしれません。

妙法寺・南の方御墓(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・南の方御墓(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・日叡上人御墓(撮影日:2023.10.13)
妙法寺・日叡上人御墓(撮影日:2023.10.13)
スポンサーリンク

晩秋の妙法寺の紅葉

鎌倉の紅葉の見ごろ時期は関東の中でも遅めですが、妙法寺紅葉は鎌倉の中でも遅めに色づきます。狭い谷戸の奥にあるため、陽当たりがあまり良くないせいなのかもしれません。その分、他の紅葉の見どころと時期をずらしてたのしめるというメリットもあります。
モミジ紅葉本堂前や仁王門の周辺で見られます。苔の石段を登った先から見下ろすと、仁王門の周辺の紅葉を一望できるのでおすすめです。イチョウ黄葉は、法華堂近くで見られます。

本堂前

妙法寺・本堂前のモミジの紅葉(撮影日:2023.12.16)
妙法寺・本堂前のモミジの紅葉(撮影日:2023.12.16)

仁王門周辺の紅葉

妙法寺・仁王門周辺のモミジの紅葉(撮影日:2023.12.16)
妙法寺・仁王門周辺のモミジの紅葉(撮影日:2023.12.16)
妙法寺・仁王門周辺の紅葉を釈迦堂跡前から望む(撮影日:2023.12.16)
妙法寺・仁王門周辺の紅葉を苔の石段を登った先から見下ろす(撮影日:2023.12.16)

シダの草紅葉

妙法寺・仁王門前参道沿いのシダの草紅葉(撮影日:2023.12.16)
妙法寺・仁王門前参道沿いのシダの草紅葉(撮影日:2023.12.16)

モミジ紅葉の時期は、妙法寺の代名詞であるの勢いは落ちますが、と同じように地面を覆うようにいろいろな場所で見られるシダ草紅葉が見ごろを迎えます。

妙法寺・参道沿いのシダの草紅葉(アップ)(撮影日:2023.12.16)
妙法寺・参道沿いのシダの草紅葉(アップ)(撮影日:2023.12.16)
スポンサーリンク

妙法寺周辺の見どころ

小町大路・大町大路周辺の日蓮ゆかりの寺院

安国論寺
安国論寺あんこくろんじは、鎌倉時代の中頃に、日蓮宗(法華宗)の宗祖である日蓮が、鎌倉で布教を開始した際に草庵を結んだ場所に建てられた寺院です。日蓮は、安房国(現在の千葉県、房総半島南部)の清澄寺...
長勝寺
長勝寺ちょうしょうじは、鎌倉時代の中頃に、日蓮宗(法華宗)の宗祖である日蓮が、鎌倉で布教を開始した際に、この地の領主で、日蓮に深く帰依した石井長勝が自邸に小庵を建てて寄進したのがはじまりと伝わる...
本興寺・日蓮辻説法の碑
本興寺ほんこうじは、鎌倉幕府滅亡後の1336年(延元元年)に、日蓮聖人の直弟子である天目が、かつて、日蓮が辻説法をしていた小町大路沿いに創建した寺院です。この辺りは、ともに鎌倉幕府によって整備さ...
妙長寺
妙長寺みょうちょうじは、若宮大路の東側を並行して走る小町大路沿いに建つ日蓮宗の寺院です。境内の前に建つ日蓮聖人の銅像が目をひきます。現在の妙長寺は材木座の海岸線から離れた場所にありますが、以前は...
妙本寺・比企一族の墓
妙本寺みょうほんじは、源頼朝に仕えた鎌倉幕府の有力御家人・比企能員ひき よしかずの屋敷跡に日蓮が開山となって創建された、日蓮宗最古の寺院の一つです。日蓮は比企氏の屋敷があった比企谷ひきが...
本覚寺(東身延)
本覚寺ほんがくじは、源頼朝が幕府の裏鬼門の地に創建して、日蓮も一時滞在していた夷堂えびすどうがあった場所に建つ、日蓮宗の寺院です。日蓮宗総本山の身延山から日蓮の遺骨が分骨されているため、「東身延...

大町周辺

DATA

住所 鎌倉市大町4-7-4
アクセス
行き方

●徒歩の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より徒歩約20分

●バス利用の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より、京急バス「緑ヶ丘入口」行きで『名越』下車徒歩約5分

駐車場 なし
営業時間

<拝観期間>
土・日・祝日(年末年始を除く)
3月お彼岸~7月上旬
9月お彼岸~12月上旬

<拝観時間>
9:30~16:30

料金

<拝観料>
中学生以上 300円
小学生 200円

電話番号 0467-22-5813
ウェブサイト https://www.facebook.com/matsubagayatsumyohouji/
※このページに掲載している内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました