スポンサーリンク

葛ヶ浜海岸 | 干潮時だけ姿を現わす逗子の磯遊びの穴場

葛ヶ浜海岸(撮影日:2021.10.05) 逗子
葛ヶ浜海岸(撮影日:2021.10.05)

葛ヶ浜は、逗子海岸の北側にある浪子不動園地の前から、新宿小坪との境にある岬・大崎にかけて続く、岩礁地帯です。ちょうど、浪子不動園地の前に建っている不如帰の碑が目印です。

普段は海中に沈んでいますが、干潮の時にだけ陸側と地続きになって、磯遊びなどをたのしむことができます。

2022年海水浴場×
葛ヶ浜海岸は海水浴場ではありません
逗子海岸は海水浴場です
2022年海の家開設×
公衆トイレ○ 逗子海岸駐車場(逗子海岸ロードオアシス)
駐車場○ 逗子海岸駐車場(逗子海岸ロードオアシス)
鎌倉逗子-葛ヶ浜海岸周辺マップ

葛ヶ浜海岸の周辺
逗子海岸 浪子不動園地 披露山公園

潮の満ち引きは、気象庁のホームページ(以下のリンク先参照)などで予測を調べることができます。気象庁が公開している地点の中から、このページで紹介しているビーチにもっとも近い「油壺」のページにリンクしています。
ここで、潮位がマイナス、または、高くても10cm台になるような、磯遊びに適した干潮の日時を調べることができます。
ただし、天気予報のように、実際の潮位とは多少の誤差がありますので、注意しましょう。

スポンサーリンク

葛ヶ浜海岸の生い立ち

葛ヶ浜海岸・逗子海岸から望む(撮影日:2021.10.05)
葛ヶ浜海岸・逗子海岸から望む(撮影日:2021.10.05)

葛ヶ浜海岸の岩礁は、もともと海底にあった比較的平坦な岩盤が、地震によって隆起してできた隆起海食台と呼ばれる地形です。1923年(大正12年)の関東大震災では、相模湾沿いから房総半島にかけて同じように隆起していて、三浦半島の岩礁で多く見られる地形です。

スポンサーリンク

葛ヶ浜海岸の行き方

葛ヶ浜海岸・浪子不動側の海岸へ降りる海岸(撮影日:2021.06.15)
葛ヶ浜海岸・浪子不動側の海岸へ降りる海岸(撮影日:2021.06.15)

葛ヶ浜海岸の入口は、逗子海岸の砂浜寄りの浪子不動園地前からと、それよりも大崎寄りの国道134号の伊勢山トンネル方面にあります。どちらとも、国道134号の内陸側の歩道から、国道の下をくぐるかたちで海に出られます。海岸に降りる階段は、干潮以外の時は危険ですので、気をつけてください。

スポンサーリンク

関連特集

鎌倉・逗子のビーチ&海浜公園
【2022 No.8】特集 | 三浦半島ビーチカタログ

DATA

住所 逗子市新宿5丁目、小坪4丁目
アクセス
行き方

JR横須賀線・湘南新宿ライン「逗子駅」または京急逗子線「逗子・葉山駅」より徒歩約25分

駐車場 あり ※隣接地に逗子海岸駐車場(逗子海岸ロードオアシス)があります。(有料。逗子海岸ロードオアシスの店舗利用で割引サービスあり)
※掲載の内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました