スポンサーリンク

長谷寺 秋の夜間特別拝観 2022 | 紅葉の時期に夜間ライトアップされる鎌倉屈指の古刹

長谷寺・放生池の紅葉ライトアップ(撮影日:2021.12.03) イベント
長谷寺・放生池の紅葉ライトアップ(撮影日:2021.12.03)
開催日時2022/11/18(金)~12/11(日)
開催時刻~19:00閉門(19:30閉山)
開催場所長谷寺

長谷寺は、「長谷観音」の名で親しまれている鎌倉有数の古刹で、創建は奈良時代です。
本尊の十一面観世音菩薩像は木彫仏としては日本最大級で、「観音菩薩」をテーマとした観音ミュージアム(拝観料とは別料金が必要)も併設されています。

長谷寺は、40種類2,500株のアジサイをはじめ、四季を通じて花が絶えることのない、鎌倉を代表する花の寺ですが、晩秋の紅葉の時期も見逃せません。

長谷寺では、2022年11月18日(金曜日)から12月11日(日曜日)まで夜間ライトアップが実施されます。(日没~19:00閉門)

さらに、2022年11月18日(金曜日)から11月27日(日曜日)までの10日間は、ベルベッタデザインによるライトアップイベント「光のインスタレーション-あまねく光-」が開催されます。

長谷寺夜間ライトアップは人気のイベントのため、毎年多くの人が訪れます。それでも、境内のいたるところにモミジがあり、そのほとんどがライトアップされるため、見どころも混雑も分散されます。
とはいえ、山門のすぐ裏手にある、一番人気の放生池のライトアップは幻想的で、写真撮影の行列ができるほどです。ライトアップの時間も限られていますので、放生池が混雑しているようでしたら、境内の他の場所をめぐってみるのがオススメです。

長谷寺・ライトアップされた紅葉のトンネル(撮影日:2021.12.03)
長谷寺・ライトアップされた紅葉のトンネル(撮影日:2021.12.03)
長谷寺・ライトアップされた本堂(撮影日:2021.12.03)
長谷寺・ライトアップされた本堂(撮影日:2021.12.03)
長谷寺・ライトアップされた山門(撮影日:2021.12.03)
長谷寺・ライトアップされた山門(撮影日:2021.12.03)
スポンサーリンク

開催場所

アクセス

●徒歩の場合
江ノ電「長谷駅」より徒歩約5分

●バス利用の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より、江ノ電バス「藤沢駅南口(富士見ヶ丘経由)」、「七里ヶ浜」行きなど、京急バス「鎌倉山」行き、「大船駅東口(ルミネ下)」行きなどの、いずれも「大仏方面」行きで、『長谷観音』下車徒歩約3分

長谷寺周辺の見どころ

御霊神社(権五郎神社)
鎌倉・坂ノ下にある御霊神社ごりょうじんじゃは、たしかな創建時期は分かっていませんが、鎌倉幕府成立前の平安時代からある神社です。当初は、相模国鎌倉郡を中心に活躍した、鎌倉・梶原・村岡・長尾・大庭の...
由比ヶ浜海岸(由比ガ浜海水浴場)
鶴岡八幡宮や鎌倉駅方面から若宮大路を南に下ると海に出ます。海に近くなると、若宮大路のすぐ横には滑川が並行して流れるようになりますが、この滑川より西側(長谷、藤沢方面)が由比ヶ浜海岸ゆいがはまかいがん...
光則寺
光則寺こうそくじは、長谷寺の北側のすぐ隣りに位置する、日蓮宗の寺院です。梅や桜など、花の寺として知られています。とくに本堂前のカイドウは、樹齢150年を超えると言われる巨木で、鎌倉市の天然記念物...
鎌倉大仏殿高徳院
鎌倉のシンボルの一つである鎌倉大仏(鎌倉大佛、長谷大仏)。券売所を過ぎるとすぐ目に飛び込んでくる露坐の大きなその姿は、他のどのお寺のご本尊よりもシンプルに、真っ先にお参りすることになります。...
【休館中】鎌倉文学館(旧前田侯爵家別邸)
川端康成、夏目漱石、芥川龍之介、与謝野晶子ら、鎌倉にゆかりがある文学者は数えきれないほどいます。鎌倉文学館は、鎌倉文士とも呼ばれる、彼ら・彼女らの直筆原稿や手紙、愛用品などを所蔵・展示する文学館です...

以下のリンク先からその他の【鎌倉の紅葉おすすめスポット】の情報もご覧ください

【2022 No.12】特集 | 晩秋の鎌倉・モミジ&カエデの紅葉おすすめスポット20選
【2022 No.12】特集 | 晩秋の鎌倉・イチョウの黄葉おすすめスポット10選
スポンサーリンク

DATA

料金

<拝観料>
大人400円
小学生200円
※「観音ミュージアム」の入館は別料金。

主催 長谷寺
ウェブサイト https://www.hasedera.jp/
※このページに掲載している内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました