スポンサーリンク

2021晩秋の鎌倉 | モミジ&カエデの紅葉おすすめ19選

【2021 No.3】特集 | 晩秋の鎌倉・モミジ&カエデの紅葉おすすめ19選 鎌倉

鎌倉の紅葉の見ごろは、例年11月下旬から12月中旬までです。鎌倉をはじめとした南関東は、本州でもっとも遅くまで紅葉をたのしめる場所として知られていて、鎌倉でも場所や気候によっては年末まで見ごろが続くという年もあります。
鎌倉の紅葉の特徴は、なんといっても、古都の風情を感じることができる名刹・古刹に見どころが多いことでしょう。
そんな、寺社を中心とした鎌倉のモミジやカエデの名所を、3つのエリアに分けてご紹介していきます。

スポンサーリンク

源氏山公園・長谷エリア

源氏山公園と長谷エリアは少し離れていますが、鎌倉市街の西側のエリアとして、まとめてご紹介します。また、源氏山公園と長谷エリアは、葛原岡・大仏ハイキングコースでつながっているため、ハイキングがてらに散策しやすい組み合わせでもあります。

スポンサーリンク

源氏山公園

源氏山公園の源頼朝像(撮影日:2020.12.01)
  • 源頼朝像の周辺など、公園内の複数箇所に紅葉の見どころがあります。
  • 葛原岡・大仏ハイキングコースを使って紅葉狩りめぐりをする際の休憩場所に、うってつけです。
スポンサーリンク

仮粧坂(化粧坂切通し)

仮粧坂・頂上付近で色づく紅葉(撮影日:2020.12.01)
  • 仮粧坂(化粧坂切通し)を登り切ったあたりで見られます。
  • 海蔵寺や英勝寺など、紅葉の名所は仮粧坂(化粧坂切通し)のふもとにもたくさんあります。
スポンサーリンク

長谷寺(長谷観音)

長谷寺・ライトアップされた紅葉のトンネル(撮影日:2021.12.03)
  • 長谷寺では、2021年11月20日(土曜日)から12月12日(日曜日)まで夜間ライトアップが実施されます。(19時まで。入門は18時半まで)
  • キクやサザンカ、ツワブキなど、季節の花々も一緒にたのしめます。
error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました