スポンサーリンク

油壺・諸磯のビーチ&海浜公園6選 | 磯遊び・芝生広場・駐車場ガイド

油壺・諸磯のビーチ&海浜公園12選 定番

油壺あぶらつぼ諸磯もろいそは、三浦半島南部の相模湾に面したエリアです。広い砂浜の海岸は少ないですが、磯遊びに適した磯浜が多くあります。海水浴場は、荒井浜海岸横堀海岸の二ヵ所にありますが、2022年を含めて、近年は荒井浜海岸のみに開設されます。

油壺・諸磯エリアの海岸は小さな岬が入り組んだ複雑な地形をしているため、最寄りの駐車場やバス停から急坂を下る必要があったり、少し離れていたりします。
このリアス式の地形を利用したのが戦国時代に活躍した相模三浦氏で、油壺に築いた新井城で籠城戦をくり広げました。圧倒的に戦力が劣る中も、リアス式の自然の要害を利用して3年間も持ちこたえました。
油壺」の名前の由来は、この籠城戦の最期に、相模三浦氏の一族やその家臣たちが油壺湾に投身して、水面が血で染まって油を流したように見えたことによると言われています(諸説あり)。

小網代湾に面した小網代の森は、森林、湿地、干潟を連続して楽しめる貴重な自然環境で、アカテガニなどのたくさんの生物を観察することができます。小網代の森引橋入口から入って、この自然環境を満喫して、油壺の海岸方面に抜けるルートは、変化に富んだハイキングコースとしてもオススメです。車でアクセスする場合も、小網代の森引橋入口近くにある三浦市民交流センター駐車場(小網代の森駐車場)に停めて、帰りは「油壺温泉」からバスで「引橋」まで戻るということもできます。

  • 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、情報が古くなっていることもございます。当サイトの内容と現地に掲示されている情報が異なる場合は、必ず現地の案内に従ってください。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
  • 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • 当サイトでは、キャンプ場やバーベキュー場以外のキャンプやバーベキュー情報を積極的に提供することはありません(詳しくは「海は誰のもの?~当サイトのキャンプやバーベキューに対する考え方」をご覧ください)。キャンプ場やバーベキュー場の一覧は、「三浦半島 横須賀・三浦・横浜金沢 海近のバーベキュー&キャンプスポット10選」をご覧ください。海の家が開設される海水浴場の多くでもバーベキューを提供しています。
スポンサーリンク

油壺・諸磯のビーチ比較表

※徒歩に要する時間は、出発地点/到着地点によるため、目安とお考えください。

磯遊び○:磯遊びに適した磯浜があるビーチ。干潮時のみしか利用できない場合もあり。
公衆トイレ○:概ね徒歩5分以内の場所に公衆トイレがあるビーチ。
△:概ね徒歩15分以内の場所に公衆トイレがあるビーチ。
電車
バス
○:最寄りの駅またはバス停から、概ね徒歩15分以内でアクセスできるビーチ。
△:最寄りの駅またはバス停から、概ね徒歩30分以内でアクセスできるビーチ。
駐車場○:概ね徒歩5分以内の場所に、海水浴場の場合は合計100台分以上、海水浴場以外では10台分以上停車可能な駐車場があるビーチ。
△:概ね徒歩15分以内の場所に、海水浴場の場合は合計100台分以上、海水浴場以外では10台分以上停車可能な駐車場があるビーチ。
※正式な駐車場として開設している駐車場がない場合は、×としています。
※○や△としている場合も、夏季は、いずれのビーチも午前中の早い時間帯には満車になります。
ビーチ2022年
海水浴場
タイプ磯遊び公衆トイレ電車
バス
駐車場特記事項
荒井浜海岸砂浜+磯浜
横堀海岸×砂浜+磯浜○(油壺駐車場)2022年は海水浴場が開設されません
胴網海岸砂浜+磯浜△(油壺駐車場)
浜諸磯磯浜+砂浜○(浜諸磯バス停付近)○(近隣の民宿で駐車場のみの利用が可能)
スポンサーリンク

油壺・諸磯のビーチ&海浜公園

荒井浜海岸(荒井浜海水浴場)

荒井浜・南側の岩場から見た全景(撮影日:2018.08.03)
荒井浜海岸

荒井浜海岸あらいはまかいがんは、例年夏に海水浴場が開設される、油壺エリアではもっとも広い海岸です。砂浜の横には磯浜がたっぷり広がっていて、相模湾の広々とした海と、天気が良ければ目の前に富士山を眺めながら、磯遊びを楽しむことができます。
荒井浜海岸は、油壺にある横堀海岸胴網海岸と同じ岬に位置していますが、小網代湾ではなく、直接相模湾に面しています。
荒井浜海岸は、2001年に当時の環境庁によって「日本の水浴場88選」に選ばれるなど、水がキレイなビーチとして知られています。
また、西向きの海岸のため、夕日のビュースポットでもあります。

小網代油壷-荒井浜周辺マップ

●住所
三浦市三崎町小網代

●駐車場
あり ※「三浦市油壺駐車場」、「油壷I・Sパーキング」

●公共交通機関
京急久里浜線「三崎口駅」より京急バス『油壺温泉』行きで終点下車、徒歩約7分

●公衆トイレ
あり

スポンサーリンク

横堀海岸

横堀海岸(撮影日:2018.08.03)
横堀海岸

横堀海岸よこぼりかいがんは、油壺の岬にある、小網代湾に面した海岸です。小さな砂浜と、磯遊びに適した磯浜があります。
横堀海岸は、入江の奥のほうに位置しているため、比較的波が穏やかなのが特徴です。
例年夏には海水浴場が開設されますが2022年を含めて、近年は開設されていません。そのため、海の家もありませんが、2022年夏は海辺のレストラン「ミナトヤ」さんの営業があります。

小網代油壷-横堀海岸周辺マップ

●住所
三浦市三崎町小網代

●駐車場
あり ※「三浦市油壺駐車場」、「油壷I・Sパーキング」、「京急油壺温泉キャンプパーク」

●公共交通機関
京急久里浜線「三崎口駅」より京急バス『油壺温泉』行きで終点下車、徒歩約3分

●公衆トイレ
海辺の売店(「ミナトヤ」※利用には要会員登録)、京急油壺温泉キャンプパーク(定休日:火曜、祝日の場合は翌水曜)、または、徒歩約3分(海岸からは登り坂)の三浦市油壺駐車場にあり

スポンサーリンク

胴網海岸

胴網海岸(撮影日:2021.05.03)
胴網海岸

胴網海岸どうあみかいがんは、京急油壺温泉キャンプパーク(旧京急油壺マリンパーク)の下に位置する海岸です。横堀海岸と同じで、油壺の岬の小網代湾に面した海岸です。
ロケーションも横堀海岸とよく似ていて、小さな砂浜磯遊びに適した磯浜があります。
胴網海岸の入口にあたる京急油壺温泉キャンプパークの駐車場の端には三浦義意の墓が、胴網海岸へと続く坂道の途中には三浦道寸(義同)の墓が建っています。三浦道寸・義意父子は、戦国時代に活躍した相模三浦氏の武将です。

小網代油壷-胴網海岸周辺マップ

●住所
三浦市三崎町小網代

●駐車場
あり ※「京急油壺温泉キャンプパーク」、「三浦市油壺駐車場」、「油壷I・Sパーキング」

●公共交通機関
京急久里浜線「三崎口駅」より京急バス『油壺温泉』行きで終点下車、徒歩約7分

●公衆トイレ
京急油壺温泉キャンプパーク(定休日:火曜、祝日の場合は翌水曜)、または、徒歩約3分(海岸からは登り坂)の三浦市油壺駐車場にあり

周辺の見どころ
新井城址(新井城跡)・三浦道寸の墓・三浦義意の墓

スポンサーリンク

浜諸磯

諸磯埼灯台の北側の海岸(撮影日:2021.09.27)
浜諸磯・諸磯埼灯台

浜諸磯はまもろいそは、白亜のスマートな灯台・諸磯埼灯台の建つ磯浜です。
三浦半島の大型の灯台は、海岸近くの高台の上にあることがほとんどのため、これだけ間近に灯台が建つロケーションで遊べるのは、浜諸磯ならではです。
浜諸磯は、利用できる駐車場が限られていることと、公共交通機関の便もあまりよくないこともあり、磯遊びシュノーケリングの穴場スポットと言えます。訪れる人に比べて、磯浜はたっぷりとした広さがあります。

小網代油壷-諸磯埼灯台&浜諸磯周辺マップ

●住所
三浦市三崎町諸磯1886−2

●駐車場
なし(近隣の民宿で駐車場のみの利用が可能)

●公共交通機関
京急久里浜線「三崎口駅」より京急バス『浜諸磯』行き終点下車徒歩約5分
※本数が少ないため、一度バスで「三崎港」へ向い、「三崎港」から『浜諸磯』行きで向かうルートもあります。

●公衆トイレ
あり(「浜諸磯」バス停近く)

スポンサーリンク

小網代の森

小網代の森・小網代湾へと続く干潟(撮影日:2020.08.06)
小網代の森・小網代湾へと続く干潟

小網代の森には、森の中央にある谷に沿って流れる「浦の川」の集水域として、森林、湿地、干潟、海までが連続して残されています。舗装路や建物などに分断されることなく、流域が自然のまま残されている、関東地方で唯一の自然環境と言われています。
小網代の森では希少種を含む多くの生き物たちが、多様な生態系を形成しています。これまでに2,000種以上の生き物が確認され、絶滅危惧種も多数生息しています。
なかでも、森、川、海のつながりが必要なアカテガニなどのカニ類は、60種前後を記録しています。アカテガニは、小網代湾に面した干潟周辺で観察することができます。
小網代の森の主な入口は、上流から入ることができる引橋入口と、下流から入ることができる宮ノ前峠入口があります。トイレは宮ノ前峠入口のみにあります。
森の中は木道が整備されていて、その上を歩いて散策することができます。
散策路の途中には「やなぎテラス」「えのきテラス」「眺望テラス」の3ヵ所に木製のデッキが整備されていて、休憩をとることができます。

小網代油壷-小網代の森周辺マップ

●住所
三浦市三崎町小網代

●入園料
無料

●駐車場
あり ※引橋入口近くの「ベイシア三浦店」に隣接する「三浦市民交流センター」の駐車場が「小網代の森」の駐車場になっています。国道134号を相模湾沿いに南下して来た場合、「小網代の森入口」交差点を左折してください。

●公共交通機関
引橋入口まで
京急久里浜線「三崎口駅」より徒歩約30分
または京急久里浜線「三崎口駅」より京急バス「三崎港方面」「城ヶ島」「油壺」行き『引橋』下車徒歩約10分
宮ノ前峠入口まで
京急久里浜線「三崎口駅」より京急バス「油壺」行き『シーボニア入口』下車徒歩約15分

●公衆トイレ
あり

スポンサーリンク

京急油壺温泉キャンプパーク

京急油壺温泉キャンプパーク・オートキャンプサイト(撮影日:2022.01.31)
京急油壺温泉キャンプパーク

京急油壺温泉キャンプパークは、京急油壺マリンパークの跡地に2022年1月にオープンしたキャンプ場です。
京急油壺温泉キャンプパークは、10時から16時までは、公園として一般開放されています。入場するだけであれば無料で利用することができます(ペットの入場は、ドッグラン利用の有無に関わらず、ドッグラン利用料がかかります)。
キャンプBBQなどをしなくても、風光明媚な公園としても十分に楽しめます。
ただし、16時で閉園してしまうため、日帰りで夕日を見たいのであれば、近くの荒井浜海岸で楽しめます。
すぐ下にある胴網海岸とあわせて楽しむのもオススメです。(京急油壺温泉キャンプパークから海岸に直接降りることはできません。駐車場経由でアクセスできます)

小網代油壷-京急油壺温泉キャンプパーク周辺マップ

●住所
三浦市三崎町小網代1082

●入園料
公園利用は無料(ペットの入場やキャンプ・BBQなどは有料)

●駐車場
あり

●公共交通機関
京急久里浜線「三崎口駅」より京急バス『油壺温泉』行きで終点下車、徒歩約5分

●公衆トイレ
あり

スポンサーリンク
スポンサーリンク

油壺・諸磯の大型駐車場

油壺・諸磯エリアの大型の駐車場(100台規模)は、京急バスの「油壺温泉」バス停がある三浦市油壺駐車場と、京急油壺温泉キャンプパークの駐車場です。これらの駐車場よりは駐車台数が少ないですが、三浦市油壺駐車場の向かい側にある油壷I・Sパーキングも、このエリアでは大き目の駐車場です。
油壺・諸磯エリアまでは遠いですが、小網代の森へのアクセスには、小網代の森の正式な駐車場になっているベイシア三浦店に隣接する三浦市民交流センターの駐車場が利用できます。

スポンサーリンク

関連特集

三浦半島水がキレイな海水浴場・透明度の高いビーチ
三浦半島東海岸・城ヶ島-磯遊び&シュノーケリングに最適なビーチ
三浦半島西海岸-磯遊び&シュノーケリングに最適なビーチ
【2022 No.8】特集 | 三浦半島ビーチカタログ
【2022 No.6】特集 | 三浦の夕日スポット3選
【2022 No.9】特集 | 三浦半島 鎌倉・逗子・葉山・三浦・横須賀・横浜金沢の花火大会

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました