スポンサーリンク

明月院(あじさい寺)| 丸窓の紅葉やウサギなど映えスポット満載の禅寺

明月院・悟りの窓アップ(撮影日:2020.12.16) 鎌倉
明月院・悟りの窓アップ(撮影日:2020.12.16)

明月院は北鎌倉を代表する花の寺と知られていて、「あじさい寺」「紫陽花寺」という愛称でも呼ばれています。

前身である「明月庵」は、1160年(永暦元年)に平治の乱で戦死した山内首藤俊通やまのうちすどうとしみちの供養のため、その子・経俊つねとしによって創建されました。

明月院は歴史ある禅宗寺院ですが、アジサイの「明月院ブルー」や、月とうさぎの逸話をモチーフにした仕掛けなど、質実剛健な他の禅寺とは、一味も二味も異なる魅力がいっぱいです。

山号福源山
宗派臨済宗建長寺派
寺格※明月院が属していた「禅興寺」が
関東十刹第一位(最高位)
本尊聖観音
創建1380年(康暦2年、天授6年)
開山密室守厳みっしつしゅごん
開基上杉憲方

明月院本堂後庭園を借景とした「悟りの窓」と呼ばれる丸窓は、北鎌倉を代表する景観の一つです。とくに紅葉の時期は見物のための行列が絶えないほどで、その美しさは「明月院」の名のとおり、明るい月のようです。

スポンサーリンク

鮮やかな青さが特徴の「明月院ブルー」

明月院・山門前の参道で彩づく「明月院ブルー」(撮影日:2021.06.23)
明月院・山門前の参道で彩づく「明月院ブルー」(撮影日:2021.06.23)

見ごろである6月を迎えると、明月院は境内のいたるところでアジサイが咲き乱れます。山門前の参道沿いが有名ですが、これはほんの一部で、境内のほとんどすべての参道沿いがアジサイであふれます。まさに「あじさい寺」「紫陽花寺」と呼ばれるのにふさわしい光景です。

その鮮やかな青さから「明月院ブルー」と言う言葉も生まれるほど今では有名な「明月院」のアジサイも、歴史はそれほど古くなく、第二次世界大戦後に植えられたことがはじまりです。
アジサイの他にも、春はモモ枝垂桜など、夏はハナショウブヤマユリなど、秋はキンモクセイハギなど、冬はロウバイスイセンなど、境内には1年中花が絶えることがありません。

明月院ブルー-1(撮影日:2021.06.23)
明月院ブルー-1(撮影日:2021.06.23)
明月院ブルー-2(撮影日:2021.06.23)
明月院ブルー-2(撮影日:2021.06.23)
明月院・花想い地蔵(撮影日:2021.06.23)
明月院・花想い地蔵(撮影日:2021.06.23)

以下のリンク先から他の【あじさいの名所】もご覧ください!!

【2022 No.7】特集 | 初夏の鎌倉 あじさいの名所5+1選
スポンサーリンク

晩秋は谷戸一帯が赤や黄に色づく

明月院・明月院に続く参道の入口(撮影日:2020.12.16)
明月院・明月院に続く参道の入口(撮影日:2020.12.16)

晩秋のモミジイチョウの美しさも、「明月院ブルー」に決して負けていません。
明月谷と呼ばれる、明月院がある狭い谷戸一帯が一面色づく様は圧巻です。

明月院やぐら周辺の紅葉(撮影日:2020.12.16)
明月院やぐら周辺の紅葉(撮影日:2020.12.16)
明月院・桂橋周辺の紅葉(撮影日:2020.12.16)
明月院・桂橋周辺の紅葉(撮影日:2020.12.16)
スポンサーリンク

本堂の「悟りの窓」は北鎌倉を代表する人気スポット

明月院・ 悟りの窓(撮影日:2020.12.16)
明月院・ 悟りの窓(撮影日:2020.12.16)

本堂後庭園を借景とした「悟りの窓」と呼ばれる丸窓は北鎌倉を代表する映えスポットで、とくに紅葉の季節は見学者の長い行列が絶えません。

本堂後庭園は、紅葉の季節の12月上旬と花菖蒲の季節の6月上旬のみ公開されます。(拝観料と別途両料金が必要)

本堂前は枯山水庭園になっていて、こちらは随時見学が可能です。

明月院・本堂(撮影日:2020.12.16)
明月院・本堂(撮影日:2020.12.16)
明月院・枯山水庭園(撮影日:2020.12.16)
明月院・枯山水庭園(撮影日:2020.12.16)

以下のリンク先からその他の【鎌倉の紅葉おすすめスポット】の情報もご覧ください

【2021 No.3】特集 | 晩秋の鎌倉・紅葉おすすめスポット

次のページ:鎌倉最大のやぐら「明月院やぐら」

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました