スポンサーリンク

鷹取山&鷹取山公園 | かつては石切り場だった別名・湘南妙義

鷹取山山頂より横須賀港方面を望む(撮影日:2017.04.02) 横須賀
鷹取山山頂より横須賀港方面を望む(撮影日:2017.04.02)

鷹取山は、明治中期から昭和初期まで石材の採取をしていたため、垂直に切り立った岩壁が特徴です。切り出された石は、建築用材の他、東京湾の海堡(海に人工的に造られた砲台)の建設にも使用されました。
岩肌に開いている無数の穴は、ロッククライミングの練習で打ち込まれたものです。

鷹取山安全登山協議会指導員の指導に従い行う場合を除いて、鷹取山公園での岩登りは禁止されています。

鷹取山公園がある追浜側から行く他に、JR横須賀線「東逗子駅」または京急逗子線「神武寺駅」から神武寺を経由して行く神武寺・鷹取山ハイキングコースが整備されています。
追浜側はすぐ近くまで住宅地「湘南鷹取」が迫っているため気軽に訪れることができますが、ハイキングをたのしみたい場合は神武寺方面からがオススメです。

また、「がらめきの切通」を経由して、京急線「京急田浦駅」または「追浜駅」方面に抜けることもできます。

かつて石切り場だった鷹取山は、人工的に切り立ったその姿がめずらしい山のため、「かながわの景勝50選」に選ばれています。

スポンサーリンク

別名「湘南妙義」

鷹取山・山頂付近の広場より展望台を望む(撮影日:2017.04.02)
鷹取山・山頂付近の広場より展望台を望む(撮影日:2017.04.02)

鷹取という名前の由来には、鷹が多くいたから、太田道灌が鷹狩りをしたことから、など諸説あります。岩場が切り立った姿が群馬県の妙義山に似ていることから「湘南妙義」という別名もあります。

鷹取山・山頂付近でロッククライミングをする様子(撮影日:2017.04.02)
鷹取山・山頂付近でロッククライミングをする様子(撮影日:2017.04.02)
鷹取山・山頂付近全景(撮影日:2015.04.29)
鷹取山・山頂付近全景(撮影日:2015.04.29)
鷹取山・山頂より横浜方面(野島、八景島)を望む(撮影日:2015.04.29)
鷹取山・山頂より横浜方面(野島、八景島)を望む(撮影日:2015.04.29)
スポンサーリンク

磨崖仏「弥勒菩薩尊像」

鷹取山・磨崖仏「弥勒菩薩尊像」(撮影日:2017.04.02)
鷹取山・磨崖仏「弥勒菩薩尊像」(撮影日:2017.04.02)

山頂近くには岸壁に彫り込まれた巨大な仏像・磨崖仏「弥勒菩薩尊像」が建っています。
この仏像は、1960年代に、逗子市在住の川口満氏の依頼により、横須賀市在住の彫刻家・藤島茂氏が製作したものです。

スポンサーリンク

鷹取山関連の特集

【2022 No.10】特集 | 三浦半島低山カタログ

DATA

住所 横須賀市湘南鷹取3-3
アクセス
行き方

登山口までは京急線「追浜駅」より湘南たかとり団地循環バス『たかとり小学校』下車または京急逗子線「神武寺駅」から徒歩(コースによって異なる)

駐車場 なし
営業時間

入山・入園は原則年中無休/終日可能

料金

無料

電話番号 046-822-8333(横須賀市環境政策部公園管理課)
ウェブサイト https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4130/sisetu/fc00000978.html
※掲載の内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました