スポンサーリンク

長者ヶ崎海岸&大浜海岸 | 海水浴場が開設され駐車場もある葉山最南端のビーチ

長者ヶ崎・大浜海岸(撮影日:2019.09.06) 葉山
長者ヶ崎・大浜海岸(撮影日:2019.09.06)

長者ヶ崎ちょうじゃがさきは横須賀市と葉山町の境にある、相模湾の岬です。富士山江の島を望む風光明媚な場所として知られ、「かながわの景勝50選」に選ばれています。
現在、長者ヶ崎の岬の部分は、落石の危険があるため立ち入ることはできません。
岬の付け根部分は長者ヶ崎駐車場になっていて、三浦半島でも屈指の景観が良い駐車場の一つです。

岬の葉山側の砂浜は、例年夏には長者ヶ崎・大浜海水浴場として海水浴場が開設されます。
そのちょうど真ん中にあるトンビ磯と呼ばれる、堤防のある小さな岩場を挟んで、南側が長者ヶ崎海岸、北側が大浜海岸とに分かれています。
大浜海岸沿いには県立葉山公園が整備されています。

一方、岬の横須賀側にも砂浜が広がっていますが、海水浴場は開設されません。横須賀側は海のすぐそばまで崖が迫っている地形で、「大崩」という地名(旧字)も残っています。

2021年海水浴場×
7月2日(金曜日)から
8月31日(火曜日)まで

緊急事態宣言発出により、8月4日(水曜日)から宣言終了まで休場
※海水浴場開設期間中の8月31日(火曜日)までに宣言が終了しなかったため、2021年度は終了
2021年海の家開設×
公衆トイレ
駐車場
長者ヶ崎駐車場
葉山公園駐車場
葉山-長者ヶ崎・大浜海岸周辺マップ

長者ヶ崎・大浜海岸の周辺
葉山公園 一色海岸&小磯の鼻 大崩・浜田海岸

長者ヶ崎・大浜海岸・海水浴場開設時の海岸(撮影日:2019.08.03)
長者ヶ崎・大浜海岸・海水浴場開設時の海岸(撮影日:2019.08.03)
長者ヶ崎・横須賀市側から見た長者ヶ崎の岬(撮影日:2021.12.01)
長者ヶ崎・横須賀市側から見た長者ヶ崎の岬(撮影日:2021.12.01)
スポンサーリンク

ビューポイントの長者ヶ崎駐車場の下に広がる長者ヶ崎海岸

長者ヶ崎駐車場から見た長者ヶ崎の岬(撮影日:2019.10.13)
長者ヶ崎駐車場から見た長者ヶ崎の岬(撮影日:2019.10.13)

長者ヶ崎・大浜海岸は、このあたりでは広い駐車場が利用できるため、車で遊びに行くのも便利です。とはいえ、夏や休日は混雑しますので、公共交通機関を利用できる場合はそちらをオススメします。

長者ヶ崎の岬の付け根部分が長者ヶ崎駐車場(125台)になっています。そのすぐ下には長者ヶ崎海岸の砂浜が広がっています。
岬にある駐車場のため景観はすばらしく、葉山側(北側)も横須賀側(南側)も遮るものなく見渡せます。シーズンオフの、海水浴場開設期間外の平日は無料で利用できます。

近くの県立葉山公園の駐車場(114台)も利用でき、こちらも、7月・8月以外は無料で使えます。

長者ヶ崎駐車場から相模湾を望む(撮影日:2019.10.13)
長者ヶ崎駐車場から相模湾を望む(撮影日:2019.10.13)

長者ヶ崎駐車場には三浦半島一周のサイクリングマイルストーンも設置されていて、サイクリングの休憩にも適しています。

長者ヶ崎駐車場・サイクリングマイルストーン(撮影日:2021.12.01)
長者ヶ崎駐車場・サイクリングマイルストーン(撮影日:2021.12.01)
スポンサーリンク

葉山公園沿いに広がる大浜海岸

長者ヶ崎・大浜海岸・長者ヶ崎駐車場から見た海岸全景(撮影日:2015.03.17)
長者ヶ崎・大浜海岸・長者ヶ崎駐車場から見た海岸全景(撮影日:2015.03.17)

長者ヶ崎・大浜海岸は、海水浴シーズンでも小磯の鼻を挟んだ北側にある一色海岸よりも空いていて、葉山で海水浴場が開設される3つの海岸の中では穴場のビーチと言えます。
一色海岸はカップルや外国人が多い傾向にありますが、長者ヶ崎・大浜海岸はファミリーが多く、庶民的な印象です。

大浜海岸沿いには県立葉山公園が整備されていて、海辺の公園らしく、海の家が開設されないシーズンオフでも使える、海で遊んだ後に足を洗ったりするのに便利な水場もあります。

スポンサーリンク

かながわの景勝50選・長者ヶ崎から見る夕日

長者ヶ崎海岸から見た夕日(撮影日:2019.10.05)
長者ヶ崎海岸から見た夕日(撮影日:2019.10.05)

かながわの景勝50選」に選出されている長者ヶ崎から見る夕日は格別です。スッキリと晴れていれば、江の島富士山のシルエットとともに、夕暮れの絶景をたのしめます。

長者ヶ崎駐車場の夕暮れ(撮影日:2021.08.30)
長者ヶ崎駐車場の夕暮れ(撮影日:2021.08.30)

以下のリンク先から、他の夕日のビュースポットもご覧ください。

【2022 No.6】特集 | 葉山の夕日スポット8選
【2022 No.6】特集 | 横須賀の夕日スポット3選
スポンサーリンク

御用邸の前に架かる赤橋・臨御橋

大浜海岸の北側からは、下山川を渡って一色海岸に行くことができます。途中には、岬の上に芝生広場が広がっている小磯の鼻があります。

下山川に架かる赤い欄干が特徴の橋は、臨御橋りんぎょばしと言います。葉山御用邸の目の前にあり、昔から変わらない葉山らしい景観を残している場所です。しかし、現在の臨御橋は1968年(昭和43年)に施工されたもので、老朽化が進んでいます。そのため、架け替えプロジェクトが進められています。

大浜海岸・一色海岸・臨御橋(撮影日:2019.08.03)
大浜海岸・一色海岸・臨御橋(撮影日:2019.08.03)
スポンサーリンク

長者ヶ崎・大浜海岸周辺の見どころ

長者ヶ崎の北側(葉山側)

長者ヶ崎の南側(横須賀側)

以下のリンク先からその他の【#ビーチ】の情報もご覧ください!!

#ビーチ | 海に囲まれた三浦半島は個性豊かな海の宝庫

DATA

住所 三浦郡葉山町下山口
アクセス
行き方

JR横須賀線・湘南新宿ライン「逗子駅」または京急逗子線「逗子・葉山駅」より京急バス「長井」行き、「横須賀市民病院」行き、「大楠芦名口」行きなどの長井方面行きにて、『葉山公園前』または『長者ヶ崎』下車

電話番号 046-876-1111(葉山町 町役場)
ウェブサイト https://www.town.hayama.lg.jp/asobi/kanko/uminomiryoku/kaigan/7251.html
※掲載の内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました