スポンサーリンク

葉山灯台(裕次郎灯台)| 名島の赤い鳥居とのセットは葉山の海のシンボル

真名瀬から見た葉山灯台(裕次郎灯台)(撮影日:2021.02.03) 葉山
真名瀬から見た葉山灯台(裕次郎灯台)(撮影日:2021.02.03)

葉山灯台(裕次郎灯台)は、森戸海岸の約700m沖合に建っているため、歩いて行くことはできません。
陸上からは、森戸海岸森戸神社(森戸大明神)裏の海岸真名瀬海岸などから望むことができます。また、あじさい公園はやま三ヶ岡山緑地からは、上空から見下ろすように眺めることができます。
灯台のすぐ近くには名島(菜島)という小さな岩礁があり、赤い鳥居が建っています。
夕陽に照らされた姿はとくに美しく、葉山を象徴する景色のひとつになっています。

葉山灯台は、俳優だけでなくヨットマンでもあった故石原裕次郎氏の三回忌を記念して、兄の石原慎太郎氏が基金を募り1989年に建設しました。そのため「裕次郎灯台」とも呼ばれています。

葉山-葉山灯台(裕次郎灯台)周辺マップ
ろうそく葉山灯台(ろうそく裕次郎灯台)・森戸海岸裏の海岸から望む(撮影日:2023.11.01)
ろうそく葉山灯台(ろうそく裕次郎灯台)・森戸海岸裏の海岸から望む(撮影日:2023.11.01)
葉山灯台(裕次郎灯台)と名島(菜島)・真名瀬漁港から江の島方面を望む(撮影日:2019.10.13)
葉山灯台(裕次郎灯台)と名島(菜島)・真名瀬漁港から江の島方面を望む(撮影日:2019.10.13)
葉山灯台(裕次郎灯台)と名島(菜島)・あじさい公園から望む(撮影日:2021.06.01)
葉山灯台(裕次郎灯台)と名島(菜島)・あじさい公園から望む(撮影日:2021.06.01)
葉山灯台(裕次郎灯台)と名島(菜島)・はやま三ヶ岡山緑地から望む(撮影日:2020.11.13)
葉山灯台(裕次郎灯台)と名島(菜島)・はやま三ヶ岡山緑地から望む(撮影日:2020.11.13)
スポンサーリンク

葉山灯台周辺の見どころ

森戸大明神(森戸神社)
長年に渡って葉山の総鎮守として親しまれている森戸大明神(森戸神社)は、源頼朝ゆかりの神社です。頼朝にまつわる言い伝えも多く残っています。森戸海岸のすぐ隣にあるため、境内から「みそぎ橋」を...
森戸海岸(森戸海水浴場)
森戸海岸は葉山で一番広い砂浜を持つ海岸で、夏の海水浴シーズンは多くの人で賑わいます。オシャレな海の家も建ち並び、ファミリーから大人のカップルまで幅広い層がたのしめます。夏以外の季節でも、SUPやシュ...
真名瀬海岸
真名瀬海岸は、葉山の総鎮守森戸大明神(森戸神社)が鎮座する岬の南側に広がる海岸です。海水浴場が開設される海岸ではありませんが、白砂の小さな砂浜が広がっています。「真名瀬」という地名の読み方は、「まな...
葉山あじさい公園
あじさい公園は、約3,000株のアジサイが植えられている、葉山の紫陽花の名所です。決して広いとは言えない敷地の中に約3,000株のアジサイが植えられているため、見ごろの季節は公園中がアジサイで埋めつ...
県立はやま三ヶ岡山緑地
標高148mの三ヶ岡山さんがおかやま(大峰山)の緑豊かな自然を生かした緑地公園です。葉山と言えば海に注目が集まりがちですが、山にも魅力がたくさんあります。季節の花々をたのしめたり、いくつもあるビュー...
葉山の夕日スポット8選
スポンサーリンク

三浦半島の主な灯台

DATA

住所 三浦郡葉山町堀内
アクセス
行き方

※沖合に建っているため海岸から望む場合のポイント
JR横須賀線・湘南新宿ライン「逗子駅」または京急逗子線「逗子・葉山駅」より京急バス「海岸廻り葉山」行きにて『森戸海岸』、『森戸神社』または『真名瀬』下車

※このページに掲載している内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました