スポンサーリンク

水道山展望台(浄明寺緑地)| 神奈川県の水道施設に併設された眺望スポット

浄明寺緑地・水道山展望台(展望広場)から見た初夏の夕日(撮影日:2024.05.10) 鎌倉
浄明寺緑地・水道山展望台(展望広場)から見た初夏の夕日(撮影日:2024.05.10)
三浦半島日和おすすめ記事

浄明寺緑地の基本情報

水道山展望台は、浄明寺緑地・鎌倉市子ども自然ふれあいの森の高台にある眺望スポットです。「水道山」という山の名前の由来は、頂上に神奈川県の水道施設があることによります。
このため、頂上まで、自動車が通行できる舗装路が続いています。(自家用車は通行できません)

水道山展望台からの眺望は、相模湾に向かって開けていますが、正面にほぼ同じ標高の浄明寺パノラマ台のピークがそびえているため、富士山は山頂部分をわずかにしか見ることができません。その分、もっとまちから離れた山の中にいるような、市街地や住宅地があまり目につきにくい場所でもあります。(遠くに披露山庭園住宅周辺はよく見えます)

眺望の条件は浄明寺パノラマ台にかないませんが、パノラマ台は大人が5人も登れば頂上は満員になってしまうのに対して、水道山展望広場は広々としていますので、複数グループの同時滞在が可能です。また、パノラマ台と違って山道を行き来する必要はありませんので、夕日を見た後など、薄暗くなってもそれほど危険な場所はありません。(ふもとの森林の中を歩く際は注意が必要です)
また、眺望はありませんが、展望広場から少し下った場所は芝生広場になっています。

浄明寺緑地・夕暮れの水道山展望台(展望広場)(撮影日:2024.05.10)
浄明寺緑地・夕暮れの水道山展望台(展望広場)(撮影日:2024.05.10)
浄明寺緑地・水道山展望台(展望広場)より披露山方面を望む(撮影日:2024.05.10)
浄明寺緑地・水道山展望台(展望広場)より披露山方面を望む(撮影日:2024.05.10)
浄明寺緑地・水道山展望台(展望広場)より由比ヶ浜方面を望む(撮影日:2024.05.10)
浄明寺緑地・水道山展望台(展望広場)より由比ヶ浜方面を望む(撮影日:2024.05.10)
スポンサーリンク

水道山展望台周辺の見どころ

鎌倉・浄明寺方面

巡礼古道

平成巡礼道

逗子・名越方面

お猿畠の大切岸
お猿畠の大切岸おさるばたけのおおきりぎしは、現在の逗子市と鎌倉市の市境に沿って、長さ約800mに渡って続く崖地です。鎌倉側が崖の上部にあたり、逗子側は下部になります。崖の高さは、3m~10mあります...
名越切通
名越切通なごえきりどおしは鎌倉と三浦半島を結ぶ古道で、現在の鎌倉市と逗子市の市境にあります。三浦半島から見た場合、陸路での数少ない玄関口でした。「鎌倉七口かまくらななくち(鎌倉七切通)」の一つに数え...
まんだら堂やぐら群
まんだら堂やぐら群は、鎌倉七口の一つに数えられている、鎌倉と、逗子を経由して三浦半島各地を結ぶ名越切通にある大規模なやぐら群です。まんだら堂やぐら群のやぐらは、集合住宅のように2~4段に重なり、その...
岩殿寺(岩殿観音)
岩殿寺がんでんじは、現在の鎌倉市大町と逗子市の小坪や久木を結ぶ名越切通なごえきりどおしの、逗子側の入口近くに建つ、奈良時代に創建された古刹です。源頼朝が平家討伐の挙兵をした際、岩殿寺の十...
久木大池公園
久木大池公園ひさぎおおいけこうえんは、逗子市と鎌倉市にまたがる大規模な住宅地・鎌倉逗子ハイランドに隣接した公園です。池子の森の西端に位置していて、池子の森の北側をまわり込むように整備されたハイキング...
スポンサーリンク

関連特集

鎌倉の夕日スポット6選

DATA

住所 鎌倉市浄明寺6丁目
アクセス
行き方

JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より京急バス「ハイランド循環(鎌36)」行き、または、JR横須賀線・湘南新宿ライン「逗子駅」より京急バス「ハイランド循環(逗22)」行きで、『夕陽台公園』下車徒歩約15分
※この他に、報国寺近くから巡礼古道経由や衣張山山頂を通る平成巡礼道経由、名越切通まんだら堂やぐら群経由のハイキングコースあり

駐車場 なし
営業時間

原則年中無休/24時間入場可能

料金

無料

※このページに掲載している内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました