スポンサーリンク

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区 | 広い芝生広場と江ノ電の展示車両タンコロが人気の公園

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・築山より材木座方面を望む(撮影日:2021.12.21) 鎌倉
鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・築山より材木座方面を望む(撮影日:2021.12.21)

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区は、由比ヶ浜の海岸沿いにある、芝生広場多目的グラウンドからなる公園です。公園の地下は200台の車が駐車できる由比ガ浜地下駐車場になっています。

公園内には、1980年(昭和55年)まで江ノ電を走っていた車両、106形107号車(通称:タンコロ)が保存されています。

砂浜から見るのとは違って水中花火など一部見られないものもありますが、目の前の海で打ち上げられる「鎌倉花火大会」では人気の鑑賞スポットになります。

スポンサーリンク

明治期から保養や海水浴に利用された由比ヶ浜

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・芝生広場と築山(撮影日:2019.04.21)
鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・芝生広場と築山(撮影日:2019.04.21)

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区は、由比ヶ浜の海岸とは国道134号を隔てた場所に立地する、潮風が心地より公園です。
鎌倉海浜公園は、由比ガ浜地区坂ノ下地区稲村ガ崎地区稲村ケ崎公園)の3ヵ所にあり、その名前のとおりいずれも海に面しています。
このなかでも鎌倉海浜公園由比ガ浜地区はもっとも広く、大きな芝生広場があるのが特徴です。

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区は、1887年(明治20年)に日本初のサナトリウム(結核療養施設)「鎌倉海濱院」として開院して、翌年にはビーチリゾートホテルの先駆けともいえる「鎌倉海濱ホテル」に転身した施設の跡地にあります。
古くからこのあたりは保養や海水浴に適した場所として注目されていましたが、それは現在でも大きくは変わりありません。

なお、結核菌を発見したことで知られるドイツ人の細菌学者ローベルト・コッホの記念碑が鎌倉海浜公園稲村ケ崎地区稲村ケ崎公園)の岬の上に建っています。

鎌倉逗子-鎌倉海浜公園由比ガ浜地区周辺マップ

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区の周辺
由比ヶ浜海岸 材木座海岸 稲村ケ崎公園

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・「ここに鎌倉海濱院・鎌倉海濱ホテルありき」の碑(撮影日:2022.01.27)
鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・「ここに鎌倉海濱院・鎌倉海濱ホテルありき」の碑(撮影日:2022.01.27)
スポンサーリンク

子どもたちに人気のタンコロこと江ノ電107号車

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・タンコロの愛称で親しまれた江ノ電106形107号車(撮影日:2019.04.21)
鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・タンコロの愛称で親しまれた江ノ電106形107号車(撮影日:2019.04.21)

江戸時代に江戸からの観光地として定番化した古都・鎌倉から景勝地・江の島に至るルートは、明治期に横須賀線と江ノ電が開通すると、東京から日帰りでも行ける行楽地としてますます人気を集めるようになっていきました。
江ノ電は、電車がすれ違える施設の新設(ほぼ全線が単線のため)や車両の大型化など、その輸送力の強化を常に行っていきました。

そのようななか、1931年(昭和6年)に導入されたのが、鎌倉海浜公園由比ガ浜地区で静態保存されている106形107号車です。
江ノ電では、現在はすべての営業車両が2両1組の2両編成もしくは2編成連結した4両編成で運転されていますが、106形107号車やその兄弟車である108号車は引退するときまで1両編成で運転されていました。輸送力の強化によって他の車両が2両以上で運転されるようになってからも単行(1両編成)で運転されていたことから、107号車108号車は「タンコロ」という愛称で親しまれていました。

タンコロ兄弟は、1980年(昭和55年)に引退した後は、107号車は鎌倉市に譲渡されて鎌倉海浜公園由比ガ浜地区で静態保存され、108号車極楽寺検車区内で動態保存されイベント時には線路を走る姿を目にすることもできます。

108号車のほうが動く形で残されて幸せなように見えますが、普段は車庫に独りぼっちで眠っているだけの日々を過ごしています。
鎌倉海浜公園由比ガ浜地区に保存されているもう一方の107号車は、日中は車内に入ることもでき(原則、午前9時から午後4時まで乗車可能)、毎日子どもたちと遊んでいますので、これはこれでとても幸せな老後なように見えます。

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・江ノ電106形107号車の車内(撮影日:2019.04.21)
鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・江ノ電106形107号車の車内(撮影日:2019.04.21)
鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・江ノ電106形107号車の運転台(撮影日:2019.04.21)
鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・江ノ電106形107号車の側面外観(撮影日:2019.04.21)
鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・江ノ電106形107号車の側面外観(撮影日:2019.04.21)
スポンサーリンク

バスケゴールや子ども向けクライミングウォールなど多彩な遊具が揃う

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・3on3(3x3)向けバスケットゴールとグラウンド(撮影日:2022.01.27)
鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・3on3(3×3)向けバスケットゴールとグラウンド(撮影日:2022.01.27)

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区には、広い芝生広場タンコロの他にも、多目的に利用できるグラウンドや、3on3(3×3)向けのバスケットゴール、子ども向けの遊具などがあります。遊具のなかには、小さなお子さんが気軽にボルダリングクライミングを楽しめるものも用意されています。

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・すべり台などの遊具(撮影日:2022.01.27)
鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・すべり台などの遊具(撮影日:2022.01.27)
鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・小さな子ども向けのボルダリング遊具(撮影日:2022.01.27)
鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・小さな子ども向けのボルダリング遊具(撮影日:2022.01.27)
スポンサーリンク

鎌倉の海岸エリア最大級の由比ガ浜地下駐車場

由比ガ浜地下駐車場(撮影日:2019.04.21)
由比ガ浜地下駐車場(撮影日:2019.04.21)

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区の地下にある由比ガ浜地下駐車場は、鎌倉の海岸沿いでは最大級の大型の駐車場です。鎌倉市街を観光する場合、パーク&ライドのサービス(時期によって休止の場合あり)で江ノ電やバスを利用するとスムーズに移動できるのでオススメです。


由比ヶ浜の砂浜沿いには駐輪場もあり、三浦半島のサイクリングマイルストーンのモニュメントも設置されています。

鎌倉海浜公園由比ガ浜地区・サイクリングマイルストーン(撮影日:2021.06.23)
スポンサーリンク

関連特集

鎌倉・逗子のビーチ&海浜公園

DATA

住所 鎌倉市由比ガ浜4丁目
アクセス
行き方

●鎌倉駅から徒歩の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅」より徒歩約15分
(東口からの場合は若宮大路を南に進む、西口からの場合は御成通りを南に進む)

●江ノ電を利用する場合
江ノ電「和田塚駅」または「由比ヶ浜駅」より、徒歩約5分

駐車場 あり(地下の由比ガ浜地下駐車場を利用可能)
営業時間

公園への入場は原則年中無休/24時間可能

料金

入園無料

電話番号 0467-45-2750(鎌倉市公園協会事務所(鎌倉中央公園内))
ウェブサイト https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/koen/p_kaihin.html
※掲載の内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました