スポンサーリンク

佐原城址(佐原城跡)| 衣笠城と東京湾の中間に築かれた十郎義連の居城

佐原城址(佐原城跡)(撮影日:2022.06.30) 横須賀
佐原城址(佐原城跡)(撮影日:2022.06.30)

佐原城は、平安時代後期から鎌倉時代前期に活躍した三浦一族の武将・佐原義連さわら よしつらの居城だった山城です。
佐原義連三浦大介義明の末子で、佐原の地を本拠地としたため、佐原氏(三浦氏佐原流)を名乗りました。

スポンサーリンク

衣笠城と東京湾の中間に築かれた佐原城

佐原城は、三浦一族の本拠地・衣笠城からは、東京湾方面となる東へ4kmほど行った、小高い丘の上にありました。久里浜で東京湾に注ぐ、三浦半島最大の河川である平作川の沿岸にあたります。佐原城より平作川の2kmほど下流には、怒田城も築かれました。
中世の久里浜湾は現在よりも内陸まで入り江が入り込んでいて、佐原城の辺りの平作川の川幅も広かったと考えられます。そのため、怒田城には三浦水軍の拠点があり、佐原城のすぐ近くまで舟で移動できていたことでしょう。
このように衣笠城の支城として平作川の沿岸に築かれた城は、源頼朝の平家討伐の挙兵時に、三浦一族衣笠城を追われて房総半島へ逃れる際にも活用されたと考えられます。

スポンサーリンク

現在の佐原城周辺

現在の佐原城周辺は宅地化が進み、遺構らしい遺構は見られません。ただ、1893年(明治26年)に地域の住民によって建立されたという佐原十郎義連城跡の碑が残るだけです。

現在も、佐原城の周辺には佐原さはらという地名が残っていて、横浜横須賀道路の佐原IC佐原交差点などがあり、横須賀市内でも有数の交通の要衝となっています。

スポンサーリンク

佐原城址(佐原城跡)周辺の見どころ

DATA

住所 横須賀市佐原3丁目
アクセス
行き方

●バス利用の場合
・京急久里浜線「北久里浜駅」より
京急久里浜線「北久里浜駅」より、京急バス「YRP野比駅(岩戸経由)」行きにて『佐原橋』下車、徒歩約8分

・京急久里浜線「京急久里浜駅」より
京急バス「北久里浜駅(久里浜工業団地経由)」行きにて『佐原三丁目』下車、徒歩約10分

●徒歩の場合
京急久里浜線「北久里浜駅」から、徒歩約30分

駐車場 なし
料金

無料

※掲載の内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました