スポンサーリンク

巨福呂坂洞門 | アーチ状の落石防止施設を伴う雪の下と北鎌倉・山ノ内を結ぶ現代の切通し

巨福呂坂洞門・雪ノ下側から望む(撮影日:2023.10.03) 鎌倉
巨福呂坂洞門・雪ノ下側から望む(撮影日:2023.10.03)
三浦半島日和おすすめ記事

巨福呂坂洞門こぶくろざかどうもんは、かつて、鎌倉の雪の下と北鎌倉の山ノ内を結んでいた古道「巨福呂坂小袋坂巨福呂坂切通し」の新道にあたる道路です。
洞門」という名前が付けられていますが、完全なトンネルになっているわけではありません。アーチ状の落石防護施設の天井には、六角形に切り抜かれた開口部が並んでいて、昼間は洞門内に自然光が差し込みます。景観や災害にも配慮した、現代の切通しと言えます。

旧道の巨福呂坂は廃道となっていて、いわゆる「鎌倉七口かまくらななくち鎌倉七切通)」の中で唯一、通り抜けることができない切通しです。明治期に現在の県道21号(鎌倉街道)となる新道が開削されたため、廃れたものと考えられます。
その後、この新道は、何度か大きな改修工事を受けた後、1993年にアーチ状の落石防護施設を伴う現在の姿になりました。

巨福呂坂洞門山ノ内(北鎌倉)側の向かって右側には、もう一つ、こちらは完全なトンネルの巨福呂坂送水管路ずい道の入口があります。このトンネルは、明治期に建設された横須賀海軍工廠旧横須賀製鉄所・横須賀造船所、現在の米海軍横須賀基地内)に神奈川県西部の水源地や相模川から水を供給するために通された横須賀水道の施設で、現在も横須賀市上下水道局が管理しています。

この巨福呂坂送水管路ずい道の反対側は、巨福呂坂の旧道の、雪ノ下(鎌倉)側の中腹(旧道はその先で行き止まり)につながっています。

巨福呂坂洞門・山ノ内側より望む(撮影日:2023.10.03)
巨福呂坂洞門・山ノ内側より望む(撮影日:2023.10.03)
スポンサーリンク

巨福呂坂洞門周辺の見どころ

鎌倉・雪ノ下側

北鎌倉・山ノ内側

円応寺(えんま様の寺)
円応寺(圓應寺)えんのうじは、巨福呂坂洞門こぶくろざかどうもんの北鎌倉側にある、閻魔大王を本尊とする「えんま様の寺」です。亡者が冥界において出合う十人の王「十王」を祀っていることから、「十王堂」...
建長寺
建長寺けんちょうじは、1253年(建長5年)に、鎌倉幕府第5代執権・北条時頼によって創建された、鎌倉で最古の禅宗専門の寺院です。臨済宗建長寺派の大本山で、鎌倉五山の第一位に列せられます。...
長寿寺
長寿寺は、足利尊氏が自身の邸宅跡に創建した、臨済宗建長寺の塔頭寺院です。北鎌倉・山ノ内から鎌倉駅方面の扇ガ谷に抜ける亀ヶ谷坂(亀ヶ谷坂切通)の、北鎌倉側の入口に位置しています。境内の裏山...
亀ヶ谷坂(亀ヶ谷坂切通し)
亀ヶ谷坂かめがやつざかは、鎌倉の扇ガ谷と北鎌倉の山ノ内を結ぶ古道です。「亀ヶ谷坂切通し」と表現される場合もあります。「鎌倉七口かまくらななくち(鎌倉七切通)」の一つに数えられていて、国の史跡に指定さ...
明月院(あじさい寺)
明月院めいげついんは北鎌倉を代表する花の寺として知られていて、とくに、6月には約2,500株のアジサイが境内を埋めつくすことから「あじさい寺」「紫陽花寺」という愛称で親しまれています。また、明月...
浄智寺
浄智寺じょうちじは、鎌倉幕府第5代執権・北条時頼の三男・宗政の菩提を弔うために創建された、臨済宗円覚寺派の寺院です。最盛期には七堂伽藍を備えた大寺院で、建長寺、円覚寺、寿福寺(壽福寺)に次ぐ、鎌...
東慶寺
北鎌倉・山ノ内にある東慶寺とうけいじは、女性のための縁切寺だったことで知られ、かつては男子禁制の尼寺でした。封建的な時代にあっては、女性の味方である、とても貴重な存在だったことに間違いないでしょ...
スポンサーリンク

関連特集

鎌倉七口

DATA

住所 鎌倉市雪ノ下2丁目・山ノ内
アクセス
行き方

●徒歩の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン「北鎌倉駅」より、徒歩約20分
JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より、徒歩約25分

●バス利用の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より、江ノ電バス「大船駅」行き、「上大岡駅」行き、「本郷台駅」行きで『建長寺』下車、徒歩約5分

駐車場 なし
※このページに掲載している内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました