スポンサーリンク

亀ヶ谷坂(亀ヶ谷坂切通し)| 鎌倉七口の一つで鎌倉の北の玄関口だった古道

亀ヶ谷坂(撮影日:2020.12.01) 鎌倉
亀ヶ谷坂(撮影日:2020.12.01)

亀ヶ谷坂かめがやつざかは、鎌倉の扇ガ谷と北鎌倉の山ノ内を結ぶ古道です。「亀ヶ谷坂切通し」と表現される場合もあります。「鎌倉七口かまくらななくち鎌倉七切通)」の一つに数えられていて、国の史跡に指定されています。

亀ヶ谷坂の名前の由来は、亀も引き返すほど急な坂だったことから「亀返り坂」と呼ばれるようになって、いつしか「亀谷坂」となったと言われています。

亀ヶ谷坂は、鶴岡八幡宮などがある鎌倉中心部と、建長寺円覚寺などの大寺院がある、現在、一般的には「北鎌倉」と呼ばれる山ノ内を結ぶ道というだけでなく、鎌倉から北に抜ける重要な交通路でした。

地理的に似たような性格の切通として、「鎌倉七口」の一つでもある巨福呂坂もありますが、開削時期を含めて、どちらがメインストリートであったかなど詳しいことは分かっていません。
亀ヶ谷坂を北鎌倉側(山ノ内)から鎌倉側(扇ガ谷)に抜けるとその先には寿福寺などがある源氏山のふもとに突き当り、中世の「鎌倉六大路」の一つ・今大路(現在の今小路)に合流します。一方、巨福呂坂を北鎌倉側(山ノ内)から鎌倉側(雪の下)に抜けると鶴岡八幡宮の脇に出て、中世の「鎌倉六大路」の一つであった若宮大路に合流します。今大路若宮大路も、そのまま南下すると由比ヶ浜に出ます。
亀ヶ谷坂巨福呂坂も道幅の割には交通量が多かったでしょうから、どちらかがバイパス的な意味合いを持っていたのかもしれませんし、鎌倉市街の西側(亀ヶ谷坂を利用)と東側(巨福呂坂を利用)とで使い分けされていたのかもしれません。

現在の亀ヶ谷坂は、自動車の通り抜けはできませんが、バイクや自転車は通行できるように整備されています。舗装路にこそなっていますが、近代の幹線道路にはならなかったため、比較的古道の姿をとどめています。

スポンサーリンク

北鎌倉と鎌倉のショートカットに便利

現在では亀ヶ谷坂を通り抜ける人はあまり多くありませんが、北鎌倉・山ノ内方面と寿福寺源氏山公園方面とのショートカットに便利です。

亀ヶ谷坂の北鎌倉側(山ノ内)の入口付近に建つ長寿寺は、季節・曜日限定で公開される寺院です。建長寺円覚寺などの有名な大寺院にはない魅力がつまっているため、公開時に訪れてみることをオススメします。

亀ヶ谷坂の鎌倉側(扇ガ谷)の入口付近に建つ岩船地蔵堂には、源頼朝北条政子の長女・大姫の守り本尊と伝わる地蔵尊が祀られています。

亀ヶ谷坂・山ノ内側から頂上方面を見上げる(撮影日:2020.12.01)
亀ヶ谷坂・山ノ内側から頂上方面を見上げる(撮影日:2020.12.01)
亀ヶ谷坂・扇ガ谷側から頂上方面を見上げる(撮影日:2020.12.01)
亀ヶ谷坂・扇ガ谷側から頂上方面を見上げる(撮影日:2020.12.01)
スポンサーリンク

切通らしい雰囲気が残る頂上付近

亀ヶ谷坂の頂上付近では、とくに、高く切立った岩肌が露出している箇所があり、切通らしい雰囲気をとどめています。

亀ヶ谷坂・坂の頂上付近より扇ガ谷方面を見下ろす(撮影日:2020.12.01)
亀ヶ谷坂・坂の頂上付近より扇ガ谷方面を見下ろす(撮影日:2020.12.01)
亀ヶ谷坂・坂の途中に立つ地蔵菩薩(撮影日:2020.12.01)
亀ヶ谷坂・坂の途中に立つ地蔵菩薩(撮影日:2020.12.01)

DATA

住所 鎌倉市山ノ内、扇ガ谷3丁目
アクセス
行き方

●北鎌倉駅から
JR横須賀線・湘南新宿ライン「北鎌倉駅」より、徒歩約10分
または、江ノ電バス「鎌倉駅」行きで『上町』下車、徒歩約1分

●鎌倉駅から
JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(西口)」より、徒歩約20分

駐車場 なし
電話番号 0467-61-3857(鎌倉市 教育文化財部文化財課)
※掲載の内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました