スポンサーリンク

無量寺 | 長坂にある和田義盛が建立した三浦七阿弥陀堂第3番

無量寺・本堂(撮影日:2022.05.10) 横須賀
無量寺・本堂(撮影日:2022.05.10)

無量寺は、平安時代後期から鎌倉時代前期に活躍した三浦一族の武将・和田義盛が、「三浦七阿弥陀堂」の第3番として建立した寺院です。創建当時は、運慶作の阿弥陀如来像が安置されていましたが、1669年(寛文9年)に焼失してしまいました。
三浦七阿弥陀堂」の存在も、運慶作の阿弥陀如来像の存在も、1998年に行われた現在の本尊・阿弥陀如来像の大修復をした際に、胎内から見つかった銘札に記されていたことによって判明しました。

無量寺は、室町時代になって、鎌倉の浄智寺から中国より渡来した竺仙梵僊を招いて臨済宗の無量寿寺となりましたが、安土桃山時代に厳譽壽道が現在の浄土宗の寺院に改めました。

山号金剛山
宗派浄土宗
寺格
本尊阿弥陀如来
創建1189年(文治5年)
開山厳譽壽道
※浄土宗への改宗時
開基和田義盛
無量寺・山門(撮影日:2022.05.10)
無量寺・山門(撮影日:2022.05.10)
スポンサーリンク

権力の象徴でもあった鎌倉時代の仏像

無量寺からもほど近い芦名浄楽寺には、和田義盛夫妻が願主となって製作された運慶作の5体の仏像が現存しています。一説には、義盛は、将軍家の姻戚として権力を拡大していく北条氏に対抗して、運慶に仏像の製作を依頼したとされています。
鎌倉幕府初代執権・北条時政も、自身が伊豆に開いた願成就院に安置する仏像の製作を運慶に依頼したことが知られています。

しかしながら、和田義盛北条氏との権力争いに敗れ、1213年(建暦3年)、北条時政の子である、鎌倉幕府第2代執権・北条義時らによって、一族ともども滅ぼされてしまいました。

スポンサーリンク

長坂は戦国時代の古戦場

無量寺のある長坂は、戦国時代、三浦道寸(義同)率いる相模三浦氏北条早雲(伊勢宗瑞)と戦った古戦場でもあります。
現在の伊勢原市にあった岡崎城にいた三浦道寸北条早雲に攻められ、三浦半島へと後退していきます。道寸らは逗子の住吉城で抵抗しますが、落城し、大崩、そして、ここ長坂と、三浦半島を南下しながら戦い、最終的には半島南端の油壺にあった新井城まで追い詰められます。
三浦道寸らは新井城に3年間籠城して抵抗した後、力尽き、1516年(永正13年)に一族は滅びてしまいました。

なお、北条早雲は、相模国を攻める前に、伊豆国を攻めています。このとき、北条時政が建立した願成就院早雲に攻められ、全焼してしまいました。このときの戦火で、願成就院の本堂をはじめとした伽藍や寺宝のほとんどは失われてしまいましたが、運慶仏は僧侶によって運び出されて無事で、浄楽寺運慶仏とともに現存しています。

スポンサーリンク

無量寺周辺の見どころ

以下のリンク先からその他の【和田義盛ゆかりの地】もご覧ください

和田義盛ゆかりの地

DATA

住所 横須賀市長坂4-21-18
アクセス
行き方

●逗子方面からの場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン「逗子駅(東口)」または京急逗子線「逗子・葉山駅(南口)」より、京急バス「長井」行き、「横須賀市民病院」行き、「佐島マリーナ入口」行きなどの長井・佐島方面行きにて『佐島入口』下車、徒歩約11分

●横須賀方面からの場合
JR横須賀線「横須賀駅」、京急線「横須賀中央駅」より、京急バス「湘南佐島なぎさの丘」行きで『佐島入口』下車、徒歩約11分

駐車場 あり
料金

無料(志納)

電話番号 046-856-0758
ウェブサイト http://www.xn--det150cd1x.com/
※掲載の内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました