スポンサーリンク

龍華寺 | 徳川家康が龍源寺と呼んだ御室桜や泥亀永島家ゆかりの牡丹など花の名所

龍華寺・手水舎の花手水(撮影日:2023.03.20) 横浜
龍華寺・手水舎の花手水(撮影日:2023.03.20)

龍華寺りゅうげじは、金沢八景駅と金沢文庫駅の間の横浜市金沢区洲崎町にある、「華の寺」として知られる古刹です。
寺のはじまりは、平安時代末期の文治年間(1185年~1190年)、源頼朝文覚上人とともに、瀬戸神社の別当寺として六浦の山中に創建した浄願寺じょうがんじで、その後、室町時代中期の1499年(明応8年)に、融弁上人によって現在地にあった光徳寺と統合され、龍華寺となったと伝えられています。
開基の菅野資方は、扇谷上杉家の家臣です。他にも、扇谷上杉家の筆頭重臣(家宰)である太田道灌不動明王像を、古尾谷重長梵鐘を寄進するなど、龍華寺の創建には扇谷上杉家の家臣団が深く関わりました。

1591年(天正19年)、徳川家康龍華寺を訪れた際、寺名を「りゅうげんじ」と伝え間違え(あるいは、聞き間違え)、これを聞いた家康は「立源氏」という響きは吉兆の寺号だと言い、「龍源寺」と名付けさせたという逸話も残っています。

山号知足山
宗派真言宗御室派
寺格
本尊大日如来坐像
創建1499年(明応8年)
開山融弁
開基菅野資方

龍華寺の境内では、本堂前に咲く関東ではめずらしい御室桜おむろざくらや、庭園牡丹をはじめ、四季折々の花をたのしむことができます。
例年、牡丹の花が見ごろを迎える4月中旬には「ぼたんまつり」が開催されています。

手水舎は、常に当ページのカバー写真のような花手水のディスプレイがされているわけではありません。

龍華寺・御室桜と本堂(撮影日:2023.03.29)
龍華寺・御室桜と本堂(撮影日:2023.03.29)
スポンサーリンク

龍華寺の本山である仁和寺発祥の御室桜

龍華寺・御室桜(撮影日:2023.03.29)
龍華寺・御室桜(撮影日:2023.03.29)

龍華寺の本山は、京都・御室にある真言宗御室派総本山の仁和寺です。現在も、龍華寺のある金沢区には真言宗御室派の寺院が多く、13を数えます。その中でも龍華寺は、真言宗御室派の準別格本山という、これらを束ねるような格を持つ寺院です。

龍華寺の本堂の前には、仁和寺が発祥の御室桜が植えられています。御室桜は、他の桜の木より背が低く、遅咲きの桜として知られています。例年、ソメイヨシノの満開の時期と比べて、1~2週間程度遅れてピークを迎えます。

龍華寺・御室桜(アップ)(撮影日:2023.03.29)
龍華寺・御室桜(アップ)(撮影日:2023.03.29)
スポンサーリンク

泥亀永島家ゆかりの龍華寺の牡丹

龍華寺・牡丹(ぼたん)-1(撮影日:2023.03.29)
龍華寺・牡丹(ぼたん)-1(撮影日:2023.03.29)

龍華寺のある洲崎町は、現在でこそ一方を平潟湾に面し、それ以外は陸続きですが、江戸時代初期までは、その地名の通り三方を海に囲まれた岬でした。平潟湾から内陸のほうに海が入り込んでいて、現在の金沢八景駅から金沢文庫駅にかけての土地のほとんどは、内海か湿地帯でした。

この場所をおよそ200年に渡って開拓したのが永島家で、後に、開発をはじめた永島祐伯の号「泥亀でいき」から、泥亀新田と名付けられました。
江戸時代にこの地に移り住んだ永島家は、龍華寺の檀家となり、泥亀新田の塩田で成功を収めた財力で火災によって焼失した本堂を再建するなど、龍華寺の大きな支援者となりました。
龍華寺には、今も、永島家一族の墓があります。

かつて野島に邸宅があった永島家には立派な牡丹園がありました。
永島家ゆかりの龍華寺でも牡丹が育てられるようになり、例年、4月中旬から5月上旬にかけて、14種類約200株の牡丹の大きな花が、境内を華やかに彩ります。

現在の金沢区の中心部の基礎を築いた永島家ゆかりの牡丹の花は、「金沢区の花」に選定されています。

龍華寺・牡丹(ぼたん)-2(撮影日:2023.03.29)
龍華寺・牡丹(ぼたん)-2(撮影日:2023.03.29)
スポンサーリンク

龍華寺境内で春に見られる花々

龍華寺の境内では、御室桜牡丹以外にも、多くの花を見られます。

龍華寺・河津桜(撮影日:2023.03.20)
龍華寺・河津桜(撮影日:2023.03.20)
龍華寺・早咲きの桜(撮影日:2023.03.20)
龍華寺・早咲きの桜(撮影日:2023.03.20)
龍華寺・リキュウバイ(撮影日:2023.03.20)
龍華寺・リキュウバイ(撮影日:2023.03.20)
龍華寺・ボケ(撮影日:2023.03.20)
龍華寺・ボケ(撮影日:2023.03.20)
スポンサーリンク

龍華寺のあじさい

龍華寺・本堂前のあじさい(撮影日:2023.06.07)
龍華寺・本堂前のあじさい(撮影日:2023.06.07)

龍華寺は「華の寺」だけあって、梅雨の時期もあじさいが境内を彩ります。ボリュームが多いわけではありませんが、少しずつ、いろいろな種類のあじさいを見られます。

龍華寺・枯山水庭園のあじさい(撮影日:2023.06.07)
龍華寺・枯山水庭園のあじさい(撮影日:2023.06.07)
スポンサーリンク

龍華寺境内の見どころ

龍華寺・鐘楼と本堂(撮影日:2023.03.20)
龍華寺・鐘楼と本堂(撮影日:2023.03.20)

山門

龍華寺・山門(撮影日:2023.03.20)
龍華寺・山門(撮影日:2023.03.20)

鐘楼と梵鐘

龍華寺・鐘楼(撮影日:2022.05.06)
龍華寺・鐘楼(撮影日:2022.05.06)

龍華寺山門をくぐると、右手に茅葺き屋根の鐘楼が見えます。この鐘楼にかかるとは別に、ガラスケースに入れられて保管されている梵鐘があります。この梵鐘は、室町時代後期の天文10年(1541年)の銘が刻まれていますが、その様式から、鎌倉時代末期に鋳造されたものと見られていて、神奈川県の重要文化財に指定されています。

龍華寺・梵鐘(撮影日:2022.05.06)
龍華寺・梵鐘(撮影日:2022.05.06)

本堂

龍華寺・本堂(撮影日:2022.05.06)
龍華寺・本堂(撮影日:2022.05.06)

地蔵堂

龍華寺・地蔵堂(撮影日:2023.03.20)
龍華寺・地蔵堂(撮影日:2023.03.20)

地蔵堂には、室町時代の作とされる地蔵菩薩坐像と、身の丈17cmのまわり地蔵が安置されています。まわり地蔵は、かつて、3日ごとに村の家々をまわって拝まれる風習があったそうです。

六地蔵

龍華寺・六地蔵(撮影日:2023.06.07)
龍華寺・六地蔵(撮影日:2023.06.07)
スポンサーリンク

横浜金澤七福神「大黒天」

龍華寺・横浜金沢七福神「大黒天」(撮影日:2023.06.07)
龍華寺・横浜金沢七福神「大黒天」(撮影日:2023.06.07)

龍華寺には、横浜金澤七福神の「大黒天」が祀られています。大黒天は、招福・金運の神です。

スポンサーリンク

龍華寺周辺の見どころ

海の公園
海の公園は、横浜で唯一、海水浴場が開設される海浜公園です。約1kmに渡る砂浜を中心に、公園内には、ビーチバレー場、ウインドサーフィン艇庫といったマリンスポーツ施設の他、芝生のグラウンド「なぎさ広...
瀬戸神社&琵琶島神社
瀬戸神社は鎌倉幕府初代将軍(鎌倉殿)・源頼朝が、琵琶島神社は頼朝の妻・北条政子が、それぞれあつく崇敬していた三嶋明神と竹生島弁財天を勧請して創建された神社です。瀬戸神社には、鎌倉幕府第3...
金沢八景権現山公園(旧円通寺客殿)
金沢八景権現山公園かなざわはっけいごんげんやまこうえんは、徳川家康ゆかりの旧円通寺えんつうじ境内に整備された公園です。京急線・金沢八景駅ホームの金沢文庫駅寄りから間近に見える、茅葺屋根が特徴の日本家...
野島公園
野島は三浦半島の付け根に位置する平潟湾の入口に浮かぶ島です。現在は、夕照橋ゆうしょうばし・野島橋・帰帆橋きはんばしの3本の橋で内陸と結ばれています。野島の東側半分が野島公園として整備されています。西...
金澤八幡神社(金沢八幡神社・寺前八幡神社)
金澤八幡神社(金沢八幡神社・寺前八幡神社)は、称名寺の門前町・寺前(旧寺前村)の南端に鎮座する古社です。かつては旧寺前村に金澤八幡神社を管理する別当寺・報恩寺がありましたが、廃寺となった...
薬王寺
薬王寺の由緒はいくつか伝わっていて、どれが正確なものなのか判断することは難しいですが、鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の弟である、三河守・源範頼ゆかりの寺院であることは確かなようです。薬王寺の本尊・薬師...
称名寺
称名寺は、北条実時ほうじょう さねときが建立した金沢かねさわ北条氏の菩提寺です。文化人としても知られた実時は、隣接地に、日本最古の武家文庫である金沢文庫を設けています。仁王門から庭園に入...
神奈川県立金沢文庫
金沢文庫かねさわぶんこは、鎌倉時代に北条実時ほうじょう さねときが設けた日本最古の武家文庫です。その後も、金沢北条氏かねさわ ほうじょうし・顕時、貞顕、貞将の三代に渡って、蔵書の充実がはかられていき...
スポンサーリンク

龍華寺関連の特集記事

徳川家康ゆかりの地【横浜金沢編】家康お気に入りの金沢八景&文庫
【2024 No.6】特集 | 横浜金沢桜の名所

DATA

住所 横浜市金沢区洲崎町9-31
アクセス
行き方

・京急線・金沢シーサイドライン「金沢八景駅」より、徒歩約12分
・金沢シーサイドライン「野島公園駅」より、徒歩約10分
・金沢シーサイドライン「海の公園南口駅」より、徒歩約12分
・京急線「金沢文庫駅」より、徒歩約18分

駐車場 あり
料金

無料(志納)

電話番号 045-701-6705
ウェブサイト http://www.ryugeji.com/
※このページに掲載している内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました