スポンサーリンク

2024横浜金沢 桜の名所・お花見スポット6選

【2024 No.6】特集 | 横浜金沢桜の名所 四季

金沢八景駅や金沢文庫駅周辺の横浜金沢エリア(横浜市金沢区)は、横浜市のなかでも海沿いで自然を楽しめる貴重な場所となっていて、桜の名所も点在しています。

レジャーシートを広げてお花見を楽しみたい場合は、野島公園がおすすめです。野島公園の真ん中にそびえる野島山は、標高こそ57mと低山ですが、まわりに高い山や建物もありませんので、展望台からの景色も抜群です。
横浜金沢エリアの寺社でもを多く見ることができますが、その中でも称名寺は見ごたえがあります。

2022年4月に金沢八景駅のすぐ隣りに開園した金沢八景権現山公園(旧円通寺客殿)のシンボルツリーとなっているは、横浜金沢エリアのもっとも新しい桜スポットの一つです。
その金沢八景権現山公園をはじめ、横浜金沢エリアには、2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」の主人公・徳川家康ゆかりの場所が点在しています。桜スポットとあわせて、家康ゆかりの地をめぐるのもおすすめです。

このページの特集では、前半の5ヵ所は、金沢八景駅を起点に金沢文庫駅まで、横浜金沢エリアのお花見スポット・桜の名所をめぐることができるような順番で紹介しています。この特集では取り上げていませんが、野島公園称名寺の間にある海の公園でも、を見られます。1日あれば、ぐるっと1周まわることができますので、ぜひ、お花見めぐりをお楽しみください。
最後の金沢自然公園(金沢動物園)だけは少し離れて、金沢文庫駅からバスか、車が便利です。

横浜金沢エリアの桜の見ごろの時期は、首都圏の標準的な見ごろと一緒で3月下旬から4月上旬にかけてになります。瀬戸神社玉縄桜は、それよりも半月ほど早く見ごろを迎えます。

  • 本特集の情報は、2024年2月18日現在の情報になります。
  • 各スポットごとの詳細ページでは、すべての写真に撮影日を掲載していますので、見ごろ時期の目安として参考にしてください。
  • 感染症対策等の理由で、飲食をともなうお花見の自粛や酒類の持ち込みの禁止を要請される場合がありますので、最新の情報は現地の案内に従ってください。
  • 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

マップは、スマートフォンやタブレットでは二本指で操作できます。

スポンサーリンク

金沢八景権現山公園(旧円通寺客殿)

金沢八景権現山公園は、2022年4月に開園した、金沢八景駅のすぐ横にある公園です。京急線・金沢八景駅ホームの金沢文庫駅寄りから間近に見える、茅葺屋根が特徴の日本家屋がある場所です。
金沢八景権現山公園の中庭には、シンボルツリーとして、の木が植えられています。
背後にある権現山から見る風景が徳川家康のお気に入りだったと伝えられていて、家康の死後、この場所には家康を祀る東照宮(現存せず)が建立されました。江戸時代、徳川家康もこの場所からお花見をしていたかもしれません。

●住所
横浜市金沢区瀬戸20-3

●入園料
無料

●駐車場
なし

●公共交通機関
京急線・金沢シーサイドライン「金沢八景駅」より徒歩約1分

金沢八景権現山公園・中庭の桜(撮影日:2022.03.28)
金沢八景権現山公園・中庭の桜

スポンサーリンク

瀬戸神社

瀬戸神社あじさい苑の参道沿いでは、早春に、玉縄桜が咲きほこります。
玉縄桜は鎌倉の神奈川県立大船フラワーセンター原産の早咲きの桜です。ソメイヨシノとよく似ていますが、ソメイヨシノの開花より半月ほど早く見ごろを迎えます。

●住所
横浜市金沢区瀬戸18-14

●拝観料
無料(志納)

●駐車場
車祓のスペースのみ

●公共交通機関
京急線・金沢シーサイドライン「金沢八景駅」より徒歩約2分

瀬戸神社・玉縄桜(撮影日:2024.02.29)
瀬戸神社・玉縄桜
スポンサーリンク

龍華寺

龍華寺は庭園の牡丹が有名な寺院ですが、牡丹の季節の前にも、いろいろな種類のを楽しむことができます。
その中でも龍華寺の見どころは、御室桜です。御室桜は京都・仁和寺のものが有名ですが、関東ではあまり見られない、めずらしいです。

●住所
横浜市金沢区洲崎町9-31

●拝観料
無料(志納)

●駐車場
あり

●公共交通機関
京急線・金沢シーサイドライン「金沢八景駅」より徒歩約10分

龍華寺・御室桜(撮影日:2023.03.29)
龍華寺

周辺の見どころ
金澤八幡神社(金沢八幡神社)

スポンサーリンク

野島公園

金沢八景駅から金沢シーサイドラインで1駅お隣りにあるのが野島公園駅。この駅からほど近い場所にあるのが、駅名になっている野島公園で、初代内閣総理大臣を務めた伊藤博文が明治時代に別荘を建てた風光明媚な場所です。
野島公園では、標高57mの野島山の山頂にある展望台広場が絶好のお花見スポットです。広場を囲うようにソメイヨシノが植えられています。山頂まで登らなくても、園路沿いでもソメイヨシノオオシマザクラを楽しめます。

●住所
横浜市金沢区野島町24

●入園料
無料

●駐車場
あり

●公共交通機関
公園入口まで
金沢シーサイドライン「野島公園駅」より徒歩約5分
または、京急線・金沢シーサイドライン「金沢八景駅」より徒歩約20分

スポンサーリンク

称名寺

称名寺は、鎌倉時代に北条一門金沢北条氏が、菩提寺として建立した寺院です。隣接してつくられた日本最古の武家文庫であった金沢文庫は、現在、県立の中世の歴史博物館となっています。
称名寺では、参道が桜並木になっている他、浄土式庭園の阿字ヶ池周辺や裏山などでもを見ることができます。
称名寺・参道の桜並木は、2023年に大規模な剪定が行われたため、例年ほどのボリュームにはならないことが見込まれます。

●住所
横浜市金沢区金沢町212-1

●拝観料
無料(志納)

●駐車場
なし

●公共交通機関
京急線「金沢文庫駅(東口)」より徒歩約15分、または、京急バス「柴町」行きで『称名寺』下車
もしくは、金沢シーサイドライン「海の公園南口駅」「海の公園柴口駅」より、徒歩約15分

称名寺・桜の季節の境内(撮影日:2023.03.29)
称名寺
称名寺・参道の桜並木(撮影日:2023.03.29)
称名寺・参道の桜並木

周辺の見どころ
神奈川県立金沢文庫

スポンサーリンク

金沢自然公園(金沢動物園)

金沢自然公園(金沢動物園)では、1年を通してさまざまな花を見ることができます。とくには見どころが多く、十数種類・約2,000本が植栽されています。お花見の定番・ソメイヨシノの他にも大き目な花がかわいらしいサトザクラなどもたのしめます。
の季節に前後して園内各所で見られる、鉢植えのチューリップや園路のツツジもキレイです。

●住所
横浜市金沢区釜利谷東5-15-1

●入園料
入園無料(金沢動物園は、大人500円、高校生300円、小・中学生200円)

●駐車場
あり

●公共交通機関
夏山口(金沢動物園の入口ゲート近く)まで
京急線「金沢文庫駅(西口)」より京急バス「野村住宅センター」行きで「夏山坂上」下車、徒歩約2分
正面口(公園の一番下、コアラバス発着場近く)まで
京急線「金沢文庫駅(西口)」より京急バス「能見台車庫前」行き、「京急富岡駅」行き、「横浜氷取沢高校」行き、「洋光台駅前」行きで、『市民の森入口』下車徒歩約1分
「金沢動物園」行き急行バス【土日祝日のみ運行】
京急線「金沢文庫駅(西口)」より京急バス「金沢動物園」行きで終点下車

金沢自然公園・夏山口のサトザクラ(撮影日:2023.04.10)
金沢自然公園

スポンサーリンク

関連特集

【2024 No.6】特集 | 横須賀桜の名所
【2024 No.6】特集 | 逗子&葉山桜の名所
【2024 No.6】特集 | 鎌倉桜の名所
【2024 No.6】特集 | 横須賀&鎌倉夜桜スポット
【2024 No.5】特集 | 三浦半島河津桜の名所
徳川家康ゆかりの地【横浜金沢編】家康お気に入りの金沢八景&文庫
error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました