スポンサーリンク

上総介塔(上総広常の墓)| 朝夷奈切通にあった館と所領への玄関口六浦の間に建つ

上総介塔(上総広常の墓)(撮影日:2022.04.13) 横浜
上総介塔(上総広常の墓)(撮影日:2022.04.13)

上総広常かずさ ひろつね上総介広常)は、平安時代末期から鎌倉時代前夜にかけて活躍した武将です。房総半島の上総国の領主であったことから、上総氏を名乗っていました。本姓は、同じ時代に三浦半島を収めていた三浦氏などと同じ、桓武平氏です。

源頼朝による平家討伐の挙兵では頼朝に味方しましたが、本格的な源平合戦に入る前に、侍所所司(次官)として頼朝の側近になっていた梶原景時かじわら かげときによって殺害されました。
上総広常の鎌倉での館(屋敷)は、鶴岡八幡宮大倉御所大倉幕府)などがある鎌倉の中心部と、鎌倉の外港(貿易港)であった六浦(現在の横浜市金沢区)を結ぶ、朝夷奈切通(朝比奈切通し)沿いにあったとされています。六浦からは、東京湾を横断して、海路で上総国へショートカットできます。

上総広常の墓または供養塔と伝わる五輪塔「上総介塔上總介塔)」は、朝夷奈切通の横浜側(六浦側)の入口付近(金沢八景駅方面行きの「朝比奈」バス停付近)に建っています。

なお、上総広常の生誕や生年の詳細は不明のため、年齢も分かっていません。三浦義村なども同じですが、この時代では、意図的に隠していると思えるくらい、有力な氏族の当主であっても年齢不詳のケースが多いです。

上総介塔(上総広常の墓)・県道23号沿いの朝夷奈切通(朝比奈切通し)入口付近に建つ(撮影日:2022.04.13)
上総介塔(上総広常の墓)・県道23号沿いの朝夷奈切通(朝比奈切通し)入口付近に建つ(撮影日:2022.04.13)
スポンサーリンク

上総広常と源頼朝とのヴィジョンの違い

源頼朝を支える有力御家人の一人であった上総広常は、梶原景時と双六に興じている最中に、首を切られて殺害されました。謀反の疑いがあったため、頼朝の命によって討たれたとされています(後にその誤解は解けることになります)。

平家討伐の挙兵時、独自の兵力をほとんど持っていなかった源頼朝は、京の都から支配する平家による政治に不満を持つ坂東(関東)の豪族たちを味方につけながら、勢力を拡大していきました。
上総広常の軍勢は坂東でも最大規模を誇っていたため、広常頼朝に味方したことは、頼朝の坂東平定を盤石なものにしました。

しかし、坂東の安堵を望み、その坂東の覇者を自負する上総広常と、朝廷も取り込んで、西国を含めて平家政権に取って代わろうとする源頼朝との間で、それぞれが思い描く未来像に違いが大きかったことが、上総広常の排除につながったものと見られます。

また、上総広常源頼朝に対する態度が横柄であったことも、鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」に描かれています。
源頼朝佐賀岡浜(現在の葉山町の一色海岸三ヶ下海岸)に出かけた際には、三浦一族らとともに出迎えた上総広常は下馬せずに礼をして、三浦十郎義連佐原十郎義連)に注意されたというようなエピソードが記録されています。

スポンサーリンク

上総介塔(上総広常の墓)周辺の見どころ

以下のリンク先からその他の【上総広常ゆかりの地】もご覧ください

上総広常ゆかりの地 | 鎌倉で悲劇の最期を遂げた上総介殿の聖地巡礼

DATA

住所 横浜市金沢区朝比奈町(県道23号沿いの朝夷奈切通(朝比奈切通し)の横浜市側入口付近)
アクセス
行き方

●金沢八景駅からバス利用の場合
京急線・金沢シーサイドライン「金沢八景駅」より京急バス「鎌倉駅」行き、または神奈川中央交通バス「大船駅」行き、「上郷ネオポリス」行きで、『朝比奈』下車すぐ

●鎌倉駅からバス利用の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より、京急バス「金沢八景駅」行きで『朝比奈』下車すぐ

●徒歩の場合
京急逗子線「六浦駅」より徒歩約25分

駐車場 なし
※掲載の内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました