スポンサーリンク

天養院 | 旧安楽寺本尊は和田義盛ゆかりの薬師如来像

天養院(撮影日:2022.04.28) 三浦
天養院(撮影日:2022.04.28)

天養院は、平安時代後期から鎌倉時代前期に活躍した三浦一族の武将・和田義盛ゆかりの地である、三浦市初声町和田に建つ、浄土宗の寺院です。
創建は室町時代の1559年(永禄2年)ですが、和田義盛の本拠地近くだけあり、義盛の位牌や義盛の像を安置するなど、義盛にゆかりのある寺院です。

天養院に客仏として安置する薬師如来及び両脇侍立像は、和田義盛の館の鬼門を守護していた安楽寺(廃寺)の本尊だった仏像です。
この薬師如来像は、和田義盛の乱(和田合戦)の際に義盛の身代わりとなって傷を負い、流血していたといういわれを持っています。北条義時三浦義村らの軍勢の前に多勢に無勢であったものの、薬師如来像のおかげで義盛はしばらく戦うことができたと言いますが、最終的には力尽きて、この戦いで最期を迎えることになります。

山号五劫山
宗派浄土宗
寺格
本尊阿弥陀如来
創建1559年(永禄2年)
開山性誉
開基長沢和泉
天養院の寺標(撮影日:2022.04.28)
天養院の寺標(撮影日:2022.04.28)
スポンサーリンク

県下最古級の仏像を安置していた和田義盛ゆかりの安楽寺

安楽寺跡と思われる場所に残る石垣(撮影日:2022.05.22)
安楽寺跡と思われる場所に残る石垣(撮影日:2022.05.22)

現在、天養院に客仏として安置されている薬師如来及び両脇侍立像(神奈川県指定重要文化財)は、安楽寺(廃寺)の本尊だった仏像です。この薬師如来像は平安中期11世紀頃の作とされ、三浦半島で最古、神奈川県下でも最古級の仏像とされています。安楽寺は、江戸時代には、当時の記録によると天養院の末寺となってなっていましたので、その縁で、廃寺となる際にこれらの薬師三尊も移されたのでしょう。
安楽寺和田義盛の館の鬼門に建立された義盛ゆかりの寺院で、義盛の手に渡り義盛の護持仏となっていた薬師如来像の他、義盛の銅像が安置されていました。安楽寺が廃寺となる際、義盛の銅像は、やはりこの近くにある、白旗神社(現在の神明白旗神社)に移されています。

安楽寺は、天養院からもほど近い、大泉寺の正面辺りにありましたが、昭和前期に行われた、現在の国道134号の拡張によって廃寺となりました。この国道は、現在の「長浜海岸入口」と「和田」の信号の間は、今は旧道となっている西側を走っていました。そのため、安楽寺の正面も現在の旧道側を向いていたと考えるのが自然でしょう。
安楽寺に関連があるものであるという確証はありませんが、現在、安楽寺があったと考えられる場所には石垣と石仏が残っていて、往時の面影をわずかに残しています。

安楽寺跡と思われる場所に建つ石仏(撮影日:2022.05.22)
安楽寺跡と思われる場所に建つ石仏(撮影日:2022.05.22)
スポンサーリンク

天養院周辺の見どころ

神明白旗神社
神明白旗神社が鎮座する三浦市初声はっせ町和田は、主祭神である和田義盛わだ よしもりの領地だった場所です。和田義盛は、平安時代後期から鎌倉時代前期...
和田義盛の碑(和田義盛旧里碑)・和田八雲神社
和田八雲神社の境内に建つ「和田義盛わだ よしもりの碑」は、鎌倉で非業の最期を遂げた義盛をしのんで、1921年(大正10年)、義盛の居館(屋敷)があっ...
和田城址(和田城跡)
平安時代後期から鎌倉時代初期に活躍した武将・和田義盛わだ よしもりは、現在の三浦市初声はっせ町和田周辺を所領としていました。和田義盛の父・杉本義宗は...
和田長浜海岸(和田長浜海水浴場)
和田長浜海岸は、横須賀市にある ソレイユの丘の下に位置している海岸・佃嵐崎つくだらしざきから、三浦市の黒崎の鼻の手前まで続く、相模湾に面した弓なりの...
長井海の手公園 ソレイユの丘
農園での季節の野菜や果物の収穫体験や、カピバラやカンガルー、ウサギなどの動物とふれあうことができるエリアなど、体験型の公園になっています。春は菜の花...
すかなごっそ(JAよこすか葉山農産物直売所)
すかなごっそは、JAよこすか葉山が運営する大型農産物直売所です。三浦半島を代表する食材であるダイコンやキャベツをはじめ、旬のとれたての野菜が並びます...

DATA

住所 三浦市初声町和田1669
アクセス
行き方

京急久里浜線「三崎口駅」より京急バス「横須賀駅」行き、「横須賀市民病院」行き、「荒崎」行きなどの長井方面行きにて「赤羽根」下車、徒歩約3分
※「ソレイユの丘」行きの直行バス、急行バスは、「赤羽根」バス停には停車しません。

駐車場 あり
料金

無料(志納)

電話番号 046-888-3013
※掲載の内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました