スポンサーリンク

荏柄天神社 | 鎌倉最古の神社建築が残る学問の神様を祀る梅の名所

荏柄天神社(撮影日:2019.02.26) 鎌倉
荏柄天神社(撮影日:2019.02.26)

荏柄天神社は、「学問の神様」として親しまれている菅原道真を祀った神社です。福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮と共に「三古天神社」に数えられる古来です(諸説あり)。

1180年(治承4年)、源頼朝は鎌倉に入り、大蔵の地(現在の鶴岡八幡宮の東側一帯)に幕府を開きました。頼朝は、幕府の鬼門を守る鎮守社として荏柄天神社を崇敬し、社殿の造営などをしたと言います。
以後、鎌倉幕府の歴代の将軍(鎌倉殿)や、北条氏、足利氏、豊臣氏、徳川氏などの時の権力者にも守られ、寄進を受けてきました。

主祭神菅原道真
社格等村社
創建1104年(長治元年)

荏柄天神社の華やかな朱色の社殿は、鶴岡八幡宮の若宮を移築したもので、現存する鎌倉最古の神社建築です。樹齢900年の大銀杏も見ごたえがあります。

スポンサーリンク

中世から残る鎌倉最古の神社建築

荏柄天神社・梅の季節の拝殿周辺(撮影日:2019.02.26)
荏柄天神社・梅の季節の拝殿周辺(撮影日:2019.02.26)

荏柄天神社の朱色に塗られた三間社流造の本殿は、1624年(寛永元年)に鶴岡八幡宮の若宮の社殿造営に伴い、若宮の旧本殿を移築して再興されたものです。鶴岡八幡宮の若宮は1315(正和5年)に再建されたものであるため、改修や改築を受けてきたとは言え、鎌倉でも貴重な中世から残る建築物で、現存する鎌倉最古の神社建築です。
また、鶴岡八幡宮の主要社殿としても、今に残る最古の建築物になります。

荏柄天神社・一の鳥居(撮影日:2019.02.26)
荏柄天神社・一の鳥居(撮影日:2019.02.26)
荏柄天神社・二の鳥居付近(撮影日:2019.02.26)
荏柄天神社・二の鳥居付近(撮影日:2019.02.26)
スポンサーリンク

学問の神様も愛した梅の花

の花をこよなく愛した菅原道真を祀る天満宮としては定番のは、荏柄天神社でももちろん目にすることができます。見ごろとなる2月前後には、決して広くはない境内や参道沿いに、さまざまな種類のの花が所狭しと咲きほこります。ちょうど、受験シーズンと重なるため、合格祈願に訪れる多くの受験生やその家族の方たちにエールを送ってくれているようです。

荏柄天神社・紅白の梅(撮影日:2019.02.26)
荏柄天神社・紅白の梅(撮影日:2019.02.26)
荏柄天神社・ピンク色の梅(撮影日:2019.02.26)
荏柄天神社・ピンク色の梅(撮影日:2019.02.26)
荏柄天神社・梅の季節の参道(撮影日:2019.02.26)
荏柄天神社・梅の季節の参道(撮影日:2019.02.26)

以下のリンク先からその他の【梅の名所】の情報もご覧ください

【2022 No.2】特集 | 鎌倉&横須賀 三浦半島の梅の名所7選
スポンサーリンク

御神木の大銀杏は鎌倉最大の銀杏

荏柄天神社御神木である大銀杏は、樹齢900年程度と推定されていて、鎌倉で一番大きいイチョウとも言われています。高台にある境内からそびえる巨木は、離れたところから見ても迫力があります。

荏柄天神社・鎌倉一の大銀杏(撮影日:2021.12.03)
荏柄天神社・鎌倉一の大銀杏(撮影日:2021.12.03)
スポンサーリンク

荏柄天神社周辺の見どころ

鎌倉宮(大塔宮)
鎌倉宮かまくらぐうは、明治天皇の勅命によって創建された、後醍醐天皇の皇子・護良親王(もりながしんのう/もりよししんのう)を祀る神社です。護良親王...
北条義時法華堂跡(北条義時の墓)
鎌倉幕府の第二代執権であった北条義時よしときは、鎌倉幕府を全国的な武家政権へと築き上げた武将です。また、北条一族が鎌倉幕府の権力を掌握するようになっ...
源頼朝法華堂跡(源頼朝の墓)&白旗神社
鎌倉幕府の初代征夷大将軍(初代鎌倉殿)・源頼朝は、1199年2月9日(建久10年1月13日)に、享年53(満51歳没)で死去しました。前月の1月25...
鶴岡八幡宮
1180年(治承4年)、源頼朝は源氏ゆかりの地・鎌倉を平家討伐の本拠地として選ぶと、鎌倉のまちづくりに着手します。その際、源頼朝の五代前の祖先に...
永福寺跡
永福寺ようふくじは1192年(建久3年)に源頼朝が創建した寺院です。1189年(文治5年)の奥州攻めで戦死した、奥州藤原氏、源義経をはじめとした...
護良親王墓&理智光寺跡
元弘の乱で鎌倉幕府を倒幕して、武家政権から天皇中心の社会へと導く立役者となった、後醍醐天皇の皇子・護良親王(もりよししんのう/もりながしんのう)は、...

以下のリンク先からその他の【源頼朝ゆかりの地】もご覧ください

鎌倉幕府初代将軍・源頼朝ゆかりの地

DATA

住所 鎌倉市二階堂74
アクセス
行き方

JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より、京急バス「鎌倉宮(大塔宮) 」行きで『天神前』下車、徒歩約3分
または、JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より徒歩約20分

駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
営業時間

<参拝時間>
8:30~16:30 ※ 正月初頭は延長

料金

参拝無料

電話番号 0467-25-1772
ウェブサイト http://www.tenjinsha.com/
※掲載の内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました