スポンサーリンク

甘縄神明神社 | 鎌倉最古の神社で源氏の崇敬を受けた長谷の鎮守

甘縄神明神社(撮影日:2022.03.31) 鎌倉
甘縄神明神社(撮影日:2022.03.31)

甘縄神明神社あまなわしんめいじんじゃは、奈良時代に行基が草創したと伝わる、鎌倉市最古の神社で、長谷の鎮守です。昭和初期までは「甘縄神明宮」という名前だったため、現在でもそのように呼ばれることがあったり、略して「甘縄神社」と呼ばれることもあります。

創建当初は、山上に神明宮、麓に神輿山円徳寺が建立され、後に寺号を甘縄院としたと伝わります。
これを創建したのが、藤原氏の始祖・藤原鎌足の子孫で、奈良時代に鎌倉を治めていたと言われる、染屋太郎時忠染谷太郎時忠)です。染屋時忠は「鎌倉の始祖」とも言われるような豪族でしたが、詳細な記録は残っていません。

明治維新の神仏分離により、別当寺の甘縄院は廃寺となり、現在は甘縄神明神社のみが残っています。

主祭神天照大御神あまてらすおおみかみ
社格等村社
創建710年(和銅3年)

鎌倉の地で長い歴史を持つ神社とあって、甘縄神明神社には、平安時代後期に活躍した武将・源義家や、鎌倉幕府第8代執権・北条時宗など、時代を超えて、その時代の有力者にまつわる伝承が残っています。

スポンサーリンク

源義家生誕の伝説

平安時代中期、河内源氏第2代棟梁・源頼義みなもとのよりよしは、関東で起きた平忠常の乱の平定に大きく貢献しました。相模守となった源頼義は、鎌倉を本拠地としていた平直方から屋敷や所領を譲り受けて、河内源氏の東国支配の拠点としました。これに前後して源頼義平直方の娘をめとり、源義家みなもとのよしいえ八幡太郎)が産まれています。
このとき、源頼義義家の誕生を祈り、産まれた場所が、甘縄神明神社だと伝えられています。

このような源氏ゆかりの古社であったことから、源義家の4代後に当たる源頼朝北条政子も、鎌倉に幕府を開いた後、たびたび参拝に訪れています。

甘縄神明神社・境内の桜-2(撮影日:2022.03.31)
甘縄神明神社・境内(撮影日:2022.03.31)
スポンサーリンク

消えた甘縄の地名と安達盛長邸

鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」には、源頼朝の側近だった安達盛長が、甘縄に住んでいたことが描かれています。

現在の鎌倉市の住居表示では、「甘縄」という地名は存在しません。「吾妻鏡」によれば、中世の「甘縄」は、東は若宮大路、西は佐々目谷笹目ヶ谷)あたりまでの、かなり広範囲なエリアを指していたようです。これは、およそ、現在の、由比ガ浜御成町笹目町長谷の一部(鎌倉駅から長谷駅にかけての江ノ電沿線エリア)に相当します。

甘縄神明神社の境内には安達盛長邸跡を示す石碑が建っていますが、近年の研究では、御成町今小路西遺跡のあたり、もしくは、現在、鎌倉歴史文化交流館が建つ無量寺谷(無量寿院跡)のあたりにあったとする説が有力なようです。無量寺谷の住所は扇ヶ谷(鎌倉駅の北西部)にあたるため、もしここに安達盛長邸があったとするならば、中世の「甘縄」は、扇ヶ谷の一部までも含んでいたことになり、南北方向にもかなり広かったことになります。

なお、安達盛長邸跡を示す石碑は、大正時代に、当時の鎌倉町青年団によって建てられたものです。少なくとも近世以降、「甘縄」という地名は甘縄神明神社にしか見られなくなっていたため、ここが安達盛長邸跡であると考えたのも無理はありません。

甘縄神明神社・境内の桜-1(撮影日:2022.03.31)
甘縄神明神社・境内の桜(撮影日:2022.03.31)
スポンサーリンク

北条時宗産湯の井戸

甘縄神明神社・北条時宗産湯井戸(撮影日:2022.03.31)
甘縄神明神社・北条時宗産湯井戸(撮影日:2022.03.31)

しかし、甘縄神明神社の側に、安達氏に関係する邸宅があった可能性は高いようです。

鎌倉幕府第8代執権・北条時宗松下禅尼邸で産まれていて、その場所がこのあたりだとされています。甘縄神明神社の境内には、北条時宗産湯の井戸とされる場所が残っています。
松下禅尼は、鎌倉時代前期から中期にかけて活躍した武将・安達景盛の娘(安達盛長の孫)で、鎌倉幕府3代執権・北条泰時の長男・北条時氏の正室です。松下禅尼が産んだ経時時頼が、第4代、第5代執権となったことから、安達氏執権北条氏の外戚として、その地位を急速に高めていました。

北条時宗の誕生は、まさに安達氏の全盛期とも言える時代のことでした。時宗の正室(堀内殿安達義景の娘)もまた、安達一族から嫁がせています。
北条時宗が執権の時代は、二度にわたる元寇文永の役弘安の役)があり、その前後の対応も含めて、後世の評価が分かれる人物でした。時宗は非常に信仰深かったことでも知られていて、元寇の殉死者を敵味方の区別なく平等に供養するために、円覚寺を創建しています。

なお、この北条時宗産湯の井戸とされる場所が後の創作であれば、松下禅尼邸も甘縄神明神社の側ではなく、安達盛長から続く安達氏代々の邸宅があったとされる今小路西遺跡または無量寺谷(無量寿院跡)にあった可能性も考えられます、

スポンサーリンク

甘縄神明神社の社殿

源氏代々の棟梁からあつい崇敬を受けた甘縄神明神社は、源義家源頼朝によって社殿の修理を受けています。現存する社殿はその時代のものではありませんが、小規模ながらも格式高い古社の雰囲気を感じ取ることができます。

拝殿

甘縄神明神社・拝殿(撮影日:2022.03.31)
甘縄神明神社・拝殿(撮影日:2022.03.31)

本殿

甘縄神明神社・本殿(撮影日:2022.03.31)
甘縄神明神社・本殿(撮影日:2022.03.31)

境内社・秋葉神社

甘縄神明神社・秋葉神社(撮影日:2022.03.31)
甘縄神明神社・秋葉神社(撮影日:2022.03.31)

境内社・五所神社

五所神社は、1887年(明治20年)に、甘縄神明神社に合祀されました。

甘縄神明神社・五所神社(撮影日:2022.03.31)
甘縄神明神社・五所神社(撮影日:2022.03.31)

御神輿収納庫

甘縄神明神社の例大祭は、9月7日~11日で、神輿は例年、9月の第2日曜日に長谷の町内を練り歩きます。

甘縄神明神社・御神輿収納庫(撮影日:2022.03.31)
甘縄神明神社・御神輿収納庫(撮影日:2022.03.31)
スポンサーリンク

甘縄神明神社周辺の見どころ

DATA

住所 鎌倉市長谷1ー12ー1
アクセス
行き方

●徒歩の場合
江ノ電「長谷駅」より徒歩約6分、「由比ヶ浜駅」より徒歩約7分

●バス利用の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より、江ノ電バス「藤沢駅南口(富士見ヶ丘経由)」、「七里ヶ浜」行きなど、京急バス「鎌倉山」行き、「大船駅東口(ルミネ下)」行きなどの、いずれも「大仏方面」行きで、『海岸通り』下車徒歩約3分

駐車場 なし(周辺にコインパーキングあり)
料金

無料(志納)

電話番号 0467-22-3347 ※八雲神社(管理元神社)
ウェブサイト https://www.kanagawa-jinja.or.jp/search_dtl.php4?jid=396&cd=1205009
※このページに掲載している内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました