スポンサーリンク

2023晩秋の鎌倉 | モミジ&カエデの紅葉27選【名刹ぞろいの北鎌倉エリア】

【2023 No.11】特集 | 晩秋の鎌倉・モミジ&カエデの紅葉 四季
スポンサーリンク

北鎌倉エリア

正式な地名でいう山ノ内を中心とした、北鎌倉駅が最寄り駅となる地域を北鎌倉エリアとしてご紹介します。円覚寺明月院建長寺など、紅葉の見どころが隣接しているため、比較的徒歩でまわりやすいエリアといえます。
これらの寺社とは少し離れていますが、鎌倉ではめずらしい水辺の公園で紅葉をたのしめるスポットとして散在ガ池森林公園(鎌倉湖)、鎌倉随一の滝である陰陽の滝がある称名寺(今泉不動)も取り上げています。

  • アクセス方法や地図、お問合わせ先などの詳細な情報は、リンク先からご覧いただけます。また、リンク先の詳細ページでは、すべての写真に撮影日を表示していますので、紅葉の見ごろ時期の目安としてもお使いいただけます。
  • 各施設の料金や交通案内などは、2022年11月1日現在の情報になります。
  • 当サイトに掲載された内容によって損害等が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
スポンサーリンク

建長寺

  • 建長寺では、境内のいろいろな場所で紅葉をたのしむことができますが、仏殿や法堂の横や、境内のいちばん奥にある半僧坊周辺がオススメです。
  • 半僧坊からは天園ハイキングコースにつながっているため、そのまま山門方面に引き返すのではなく、ハイキングコースを通じて鎌倉の他の紅葉をめぐってみるのはいかがでしょうか?

●住所
鎌倉市山ノ内8

●拝観料
大人(高校生以上)500円
子ども(小中学生)200円
※天園ハイキングコースから入る場合も必要

●駐車場
あり(有料)

●公共交通機関
山門側(北鎌倉駅方面)
JR横須賀線・湘南新宿ライン「北鎌倉駅」より、徒歩約15分、または江ノ電バス「鎌倉駅」行きで『建長寺』下車すぐ
もしくは、JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より、江ノ電バス「大船駅」行き、「上大岡駅」行き、「本郷台駅」行きで『建長寺』下車すぐ、または徒歩約30分
半僧坊側(天園ハイキングコース方面)
天園ハイキングコースの各入口から勝上献展望台経由で入山可能
勝上献展望台と半僧坊のあいだは、上り徒歩約10分、下り徒歩約5分

建長寺・法堂の横の紅葉(撮影日:2020.12.08)

周辺の見どころ
円応寺(えんま様の寺)

円覚寺

  • 総門前の紅葉はJR横須賀線の車内からも良く見えますので、見ごろかどうか確認してから向かうこともできます。
  • 定番は総門や山門周辺のモミジですが、居士林や選仏場周辺など、円覚寺には紅葉の見どころが数えきれないほど点在しています。
  • 洪鐘や弁財堂がある高台に登って、北鎌倉・山ノ内の谷戸に広がる紅葉を一望するのもオススメです。

●住所
鎌倉市山ノ内409

●拝観料
大人 500円(高校生以上)
子ども 200円(小中学生)

●駐車場
なし ※団体バス専用駐車スペースのみあり(当日予約制)

●公共交通機関
北鎌倉駅から徒歩の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン「北鎌倉駅」より徒歩約1分
鎌倉駅からバス利用の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より、江ノ電バス「大船駅」行き、「上大岡駅」行き、「本郷台駅」行きで『北鎌倉駅』下車徒歩約1分

円覚寺・居士林の紅葉(撮影日:2008.11.22)
円覚寺・居士林

周辺の見どころ
北鎌倉古民家ミュージアム

スポンサーリンク

明月院

  • 明月院の丸窓「悟りの窓」は、鎌倉を代表する写真映えするスポットです。紅葉の季節はとくに人気で、丸窓から望む紅葉を拝観するために、長蛇の列ができることもめずらしくありません。
  • 明月院の紅葉は、丸窓の奥に広がる庭園の他にも、丸窓がある方丈の周辺や総門から山門の間の参道沿いなど、いろいろな場所でたのしむことができます。
  • 総門までの参道沿いでは、イチョウの黄葉もたのしむことができます。

●住所
鎌倉市山ノ内189

●拝観料
大人(高校生以上)500円
子ども(小中学生)300円
※本堂後庭園(6月上旬と12月上旬のみ公開)は拝観料とは別途500円必要

●駐車場
なし

●公共交通機関
北鎌倉駅から徒歩の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン「北鎌倉駅」より徒歩約10分
鎌倉駅からバス利用の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅」より、江ノ電バス「大船駅」行き、「上大岡駅」行き、「本郷台駅」行きで『明月院』下車徒歩約5分
天園ハイキングコースを経由する場合
天園ハイキングコース明月院方面入口から徒歩約5分

明月院・ 悟りの窓(撮影日:2020.12.16)

東慶寺

  • 東慶寺の紅葉・黄葉は、他の鎌倉の紅葉・黄葉の名所とされる寺社に比べてマイナーで規模も小さいですが、その分、落ち着いた雰囲気でたのしむことができます。

●住所
鎌倉市山ノ内1367

●拝観料
無料(志納)

●駐車場
なし

●公共交通機関
北鎌倉駅から徒歩の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン「北鎌倉駅」より徒歩約4分
鎌倉駅からバス利用の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅」より、江ノ電バス「大船駅」行き、「上大岡駅」行き、「本郷台駅」行きで『明月院』または『北鎌倉』下車徒歩約4分

東慶寺・本堂前の紅葉(撮影日:2020.12.16)
スポンサーリンク

浄智寺

  • 花形の窓が特徴的な鐘楼門の周辺や本堂の周辺が、浄智寺の紅葉の見どころです。
  • 浄智寺の横の道からは葛原岡・大仏ハイキングコースにつながっているため、次のページで紹介している源氏山公園や長谷方面への紅葉めぐりの起点あるいは終点として訪れるのもオススメです。

●住所
鎌倉市山ノ内1402

●拝観料
大人200円
小人100円

●駐車場
あり

●公共交通機関
北鎌倉駅から徒歩の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン「北鎌倉駅」より徒歩約8分
鎌倉駅からバス利用の場合
JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅」より、江ノ電バス「大船駅」行き、「上大岡駅」行き、「本郷台駅」行きで『明月院』下車徒歩約1分

浄智寺・本堂裏の紅葉(撮影日:2020.12.16)

長寿寺

  • 長寿寺は季節・曜日限定拝観の、鎌倉屈指の隠れ家的寺院です。紅葉の季節は、11月の金・土・日曜日・祝日と12月の1日~7日までの毎日が、特別拝観日です。
  • 境内全体が紅葉の見どころで、山門から続く前庭と、枯山水の裏庭の、どちらとも見ごたえがあります。

●住所
鎌倉市山ノ内1503

●拝観料
300円

●駐車場
なし

●公共交通機関
JR横須賀線・湘南新宿ライン「北鎌倉駅」より、徒歩約10分、または江ノ電バス「鎌倉駅」行きで『上町』下車、徒歩約1分
もしくは、JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より、江ノ電バス「大船駅」行き、「上大岡駅」行き、「本郷台駅」行きで『上町』下車、徒歩約1分、または徒歩約35分

長寿寺・観音堂の裏の紅葉(撮影日:2022.12.07)
スポンサーリンク

散在ガ池森林公園(鎌倉湖)

  • 散在ガ池森林公園(鎌倉湖)は、北鎌倉エリアからは少し外れますが、寺社ばかりが注目されがちな鎌倉の紅葉スポットのなかではめずらしい、水辺で紅葉がたのしめる公園です。
  • 近くに天園ハイキングコースの入口が複数あるため、ハイキングコース周辺の紅葉の名所とあわせてまわるのもオススメです。

●住所
鎌倉市今泉台7-930-1

●入園料
無料

●駐車場
なし

●公共交通機関
公園北口まで
JR各線・湘南モノレール「大船駅(東口)」より、江ノ電バス「鎌倉湖畔循環(行政センター経由)」行き、「地蔵前」行き、「鎌倉湖畔循環(資生堂経由)」行きで、『今泉不動』下車徒歩約3分
公園南口まで
JR各線・湘南モノレール「大船駅(東口)」より、江ノ電バス「鎌倉湖畔循環(行政センター経由)」行き、「地蔵前」行き、「鎌倉湖畔循環(資生堂経由)」行きで、『半僧坊下』下車徒歩約5分

散在ガ池森林公園・やまもみじの森(撮影日:2021.12.10)

称名寺(今泉不動)

  • 称名寺(今泉不動)では、晩秋に、砂押川の周辺などの木々が色づいて、紅葉をたのしめます。近くの散在ガ池森林公園(鎌倉湖)と合わせて散策するのがオススメです。

●住所
鎌倉市今泉4-5-1

●拝観料
無料(志納)

●駐車場
あり

●公共交通機関
JR各線・湘南モノレール「大船駅(東口)」より、江ノ電バス「鎌倉湖畔循環(行政センター経由)」行き、「地蔵前」行き、「鎌倉湖畔循環(資生堂経由)」行きで、『今泉不動』下車徒歩約5分

称名寺(今泉不動)の紅葉-1(撮影日:2021.12.10)

以下のリンク先から【イチョウの黄葉】の情報もご覧ください

【2023 No.11】特集 | 晩秋の鎌倉・イチョウの黄葉
error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました