スポンサーリンク

百八やぐら | 天園ハイキングコースの覚園寺裏山に眠る180穴の墳墓

百八やぐら(撮影日:2021.12.10) 鎌倉
百八やぐら(撮影日:2021.12.10)

百八やぐらは、鎌倉・二階堂の谷戸に建つ覚園寺の裏山一帯に広がるやぐら群です。やぐらは、天園ハイキングコース(鎌倉アルプス)覚園寺入口今泉台6丁目入口の分岐(交差点)付近から、覚園寺の山号になっている鷲峰山の山頂にかけて点在しています。その数は180穴近くにのぼり、百八やぐら鎌倉エリアで最大規模のやぐら群です。

やぐら」とは、鎌倉時代から室町時代に鎌倉やその周辺の崖地(人工的に造成したものも含む)に造られた、横穴式の墳墓または供養の場です。実際に被葬者が納骨されている墓の場合と、五輪塔が置かれ供養の場として築かれた場合とがあります。
寺院に伴うものや、切通などが残る鎌倉中心部とその外の淵にあたるような場所に多く築かれました。百八やぐらのある、現在の天園ハイキングコースも、中世の鎌倉の淵にあたる場所であったと考えられます。
鎌倉は平地が少ないため崖地を利用したのですが、誰でも「やぐら」に葬られていたわけではなく、武士や僧など一部の上流階級に限られていました。

スポンサーリンク

謎に包まれた往時の姿

百八やぐら・やぐら内に安置された仏像(撮影日:2021.12.10)
百八やぐら・やぐら内に安置された仏像(撮影日:2021.12.10)

百八やぐらやぐら群は、中世から今日まで、人通りのある道のすぐ側にあったこともあり、自然の風化に加えて、後の時代に人為的に手を加えられているものが多いと見られます。そのため、現在でも多数の仏像五輪塔などが見られますが、いつ誰が誰のために、どのやぐらにどのようなものを安置したのかを、正確に知ることはできません。近代、明治期以降に納められたものもあるようです。

百八やぐらでとくに特徴的なのは、首が斬り落とされたようにも見える、頭部が欠損した仏像が多いことでしょう。この原因も詳しくは分かっていませんが、明治期の廃仏毀釈によるという説や、経年劣化による頭部の崩落とする説などがあります。

百八やぐら・やぐら前に建つ五輪塔(撮影日:2021.12.10)
百八やぐら・やぐら前に建つ五輪塔(撮影日:2021.12.10)
スポンサーリンク

百八やぐらの行き方

天園ハイキングコース・覚園寺入口・今泉台6丁目入口分岐(撮影日:2021.12.10)
天園ハイキングコース・覚園寺入口・今泉台6丁目入口分岐(撮影日:2021.12.10)

百八やぐらの入口は、天園ハイキングコース覚園寺入口今泉台6丁目入口の分岐(交差点)付近から、10mほど覚園寺入口方面に行った場所にあります。標識等がなく分かりにくいですが、上の写真の中央付近にある細い脇道を、左上に登って行きます。脇道を登りきると、すぐに、目の前に百八やぐらが姿を現わします。ハイキングコース上の道と違って、歩くのに注意が必要な場所もありますが、天園ハイキングコースと並行するように、山の斜面にやぐら群が続いています。

百八やぐら・無数のやぐらが口を開ける鷲峰山の斜面(撮影日:2021.12.10)
百八やぐら・無数のやぐらが口を開ける鷲峰山の斜面(撮影日:2021.12.10)
スポンサーリンク

鎌倉・逗子で見られるその他の「やぐら」

百八やぐらやぐらほど大規模なものはなかなかありませんが、以下のような場所でも、それぞれ特徴的なやぐらを見ることができます。

北鎌倉周辺(山ノ内)

源氏山周辺(扇ガ谷)

金沢街道周辺(浄明寺)

逗子周辺

スポンサーリンク

天園ハイキングコースの見どころ

鎌倉アルプス」とも言われる天園ハイキングコースは、鎌倉市街地の背後にそびえる山々を横断するハイキングコースです。
そのため、鎌倉・二階堂方面や北鎌倉方面の寺院などを行き来するアクセス路としても利用できます。
また、東に進むと、鎌倉市最高峰の太平山(大平山)天園を経由して、横浜自然観察の森金沢市民の森、横浜市最高峰の大丸山金沢自然公園金沢動物園)などの横浜・金沢区方面に抜けることができます。

鎌倉・二階堂方面

尾根道沿い

北鎌倉方面

今泉台方面

DATA

住所 鎌倉市二階堂429番・428番
アクセス
行き方

●鎌倉駅から天園ハイキングコース覚園寺入口経由
JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より、京急バス「鎌倉宮(大塔宮) 」行きで終点『大塔宮』まで行き、『大塔宮』から覚園寺入口を経由して、覚園寺入口から百八やぐらまで徒歩で約20分
または、JR横須賀線・湘南新宿ライン、江ノ電「鎌倉駅(東口)」より、鎌倉宮~覚園寺入口を経由して、徒歩で約1時間(全行程徒歩の場合)

●北鎌倉駅から天園ハイキングコース建長寺・半蔵坊入口経由
JR横須賀線・湘南新宿ライン「北鎌倉駅」より、建長寺・総門~半蔵坊を経由して、建長寺・半蔵坊入口から百八やぐらまで徒歩で約40分
※建長寺の境内は別途拝観料が必要です

●今泉台6丁目入口から
徒歩約5分

駐車場 なし
料金

無料

※掲載の内容は、予告なく変更となっている場合があることをご了承ください。

error: 申し訳ありません。コピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました